2010年 05月 05日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

2010.5.4 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

長井5丁目その後、3丁目でウミウシ探索をしてきました。

小和田湾 14:00 18cm

11:00~14:00まで探索しましたが、異常に個体数も種も少なかったです。
ヒジキは、ほとんど終わっていて(長井地区では3/29ヒジキ漁解禁)探索し易かったのです
が、異常に少なかったです。

アメフラシ、タツナミガイは5丁目では生息なし。大きなヤマトウミウシの死骸が
数個体。

アオウミウシもムカデミノウミウシも各一個体のみ。前日の夕方、かなり風が強かったよう
で海も若干荒れた様に推測できますが、それにしても少ない。。。。。

以前のGW辺りの探索ログもひっくり返して見てみましたが、こんなに個体数が少なかった
ことはなかったようです。

う~ん、浅場の海も、異常気象の影響があるのかなあ。
ダイビングエリアの深場では、陸上の気象異常の影響は、さほど無いと思われますが、
潮間帯の浅場は、陸上気象異常の影響は受けるかも。

海の荒れている引き潮時にシュノーケリングをしたことがありますが、その時と同じくらい、
ウミウシの姿は見えませんでした。歩みの遅いウミウシくんたちですから、事前環境察知は
お得意なのでしょうけれど。

成果は、
クロシタナシウミウシX2
アオウミウシX1
アメフラシX4
ムカデミノウミウシX1
クモガタウミウシX1
ブドウガイ多数
オカダウミウシ多数
ヤマトウミウシ多数(死骸も多い)
オトメウミウシX1
サガミミノウミウシX5

の10種でした。
さびしいっす^^;;

e0041143_11443468.jpg

シロガヤ・・・海藻のように見えるけど、動物。
刺胞動物門 ヒドロ虫綱 軟クラゲ目 ハネガヤ科。
刺胞動物なので、刺激を与えると刺胞毒が発射され、素手で触るとかぶれる。
シロガヤは、ネコジタ系のウミウシなど(夜行性)が食するようですが、
昼間にシロガヤに着くウミウシを浅場で見たことはないですねえ。。。

ウミウシの良い写真が無いんで、フィギュアでも並べてみませう^^

e0041143_11573342.jpg

アオウミウシ 30mm位

e0041143_11554464.jpg

こちらは本物
以前撮ったアオウミウシ

e0041143_11574817.jpg

コモンウミウシ 30mm フィギュア

e0041143_11561734.jpg

以前撮った コモンウミウシ

e0041143_1158214.jpg

サガミイロウミウシ 15mm フィギュア

e0041143_11563598.jpg

以前撮った サガミイロウミウシ

ここに掲載したウミウシ・フィギュアは、
yukariさんのお店 ショップ・ネネコ で取り扱っています^^
[PR]

by sea-slug | 2010-05-05 10:29 | ウミウシ探索日記 | Comments(4)
Commented by GEN at 2010-05-06 18:23 x
これは寂しいですね...

ダイビングエリアではシロガヤに、ヒイラギウミウシやオキウミウシの一種あたりが大量に付いてます。浅いところでは水深3~5mでみかけますが、さすがに磯だまりでは難しそうですね。
Commented by sea-slug at 2010-05-06 22:07
GENさんへ

そうなんですか!
どうして磯まで上がってこないんでしょうねー。
満ち干きの不安定さを嫌うのか?はたまた、明るいのが
苦手なのか?
いずれにしても、浅場生息のウミウシは、タフだということ
でしょうか?
Commented by GEN at 2010-05-10 21:22 x
たしかに、水深3~5mと潮溜まりとの差は何なんでしょうね。
浅瀬でガヤについたウミウシを見かけるといっても潮溜まりのように
よどんだ環境よりも、潮あたりのよい環境が多い気がします。
タンクを背負ったら、ベタナギじゃないとまともに写真が撮れない
ような環境と言いましょうか。
Commented by sea-slug at 2010-05-12 13:16
GENさんへ
なるほど!潮当たりですね。。。
う~ん、ただ潮溜まりでも、潮が満ちている状態ならば、
海水の出入りはありますものね。高潮帯の潮溜まりとは
違い閉鎖的空間ではありません。

う~ん、他に原因があるのかな?悩ましいです(笑


<< 潮溜まり観察会のお知らせ      ++ウミウシ探索隊++三浦市三... >>