+++kouchaとpawのウミウシ探索隊(主に三浦半島の海・磯観察日記)+++

umiusi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 23日

++ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町芝崎

2010.8.22 神奈川県三浦郡葉山町芝崎

潮のボトムは、小田和湾 9:20 30cm。
今回は、森戸ではなく、二週前にニシメガネザルさんが結構確認されたサキシマミノ
に出逢いに、芝崎へ行ってきました。探索はニシメガネザルさんご夫妻と一緒です^^
(冬のシーズンに「ナイト磯観察」で二度ほどお逢いして以来で、しかも暗がりの中だ
ったので、やっとまともにお顔が見れました・笑)
kouchaは、体調不良で自宅待機でした。

07:00、駐車場集合 ~ まずは、階段下のあたりから探索開始。がしかし、若干波
があって、海も結構濁っています。5mmほどの小さな個体のアオウミウシと同大きさ
のムカデミノウミウシが3-4個体。う~む少な目だなあ。。。
そんな中で、ニシメガネザルさんがツツイシミノウミウシを発見!!綺麗な個体でした^^

その後、ダイビングエリア入り口付近へ移動。ニシメガネザルさんにサキシマミノウミ
ウシの生息場所を教えてもらいゲット♪ 綺麗なミノウミウシでした^^
いや~、見れて良かった良かった^^ 本日の目的達成です^^その後、シュノーケリング
をしていたら、な、な、なんか、目の前をふわふわと浮遊しています。む、む、む・・・・・
これは!!!! そうです、あの「ハナデンシャ」が浮遊していたのでした!!!

いや~、感激でしたよ。探そうとしても探せるものではないし(他のウミウシも同じか・笑)
、昨日、ネットで、何故か富津のハナデンシャの写真を見たところで・・・う~ん、幾つか
の偶然(必然?)が重なって、この出逢いに繋がっているわけで・・・←意味不明か・笑

兎にも角にも、忘れらない、記憶に残る、素晴らしい一日となりました。
お誘い頂いたニシメガネザルさん&ウミウシの神さまに感謝感謝です。ありがとうございました。

成果は、

クロシタナシウミウシX2(10mm位の小さな個体)
アオウミウシX多数(5mm位の小さな個体が結構いました)
ムカデミノウミウシX2
(こちらも5mm位の小さな個体 確かに芝崎では少ないなあ)
ミドリアメフラシX3(10-15mmの小個体 いよいよ海の中は秋めいてきました)
イロミノウミウシX4(久しぶりだったかな^^)
ヒメメリベX3
タツナミガイX多数
シロウミウシX2
オカダウミウシX5
ホンクロシタナシウミウシ?X1(2mm位の幼体・・違うかも?)
ツノバネミノウミウシX2(初)
ハナデンシャX1(初)

以上、paw

サキシマミノウミウシ
ツツイシミノウミウシ
チゴミノウミウシ
コネコウミウシ
ネアカミノウミウシ 
ゼニガタフシエラガイ
カメノコフシエラガイ幼体
ツヅレウミウシ
ハクセンミノウミウシ
クロヘリアメフラシ
クロスジアメフラシ

更に私の確認していない種で、ニシメガネザルさんが上記種を確認しています。(計23種)

e0041143_72572.jpg

アオウミウシ 5mm位 このくらいの小さな個体が多かったです。

e0041143_711249.jpg

アオウミウシ&シロウミウシ

e0041143_723454.jpg

ミドリアメフラシ 15mm位 そろそろアメフラシ目が出始めましたね。
海の中は、秋かなあ。。。。。。が、陸上は未だ猛暑^^;;

e0041143_75411.jpg

サキシマミノウミウシ 25mm~40mm位

e0041143_755515.jpg

サキシマミノウミウシ 25mm~40mm位
いや~、綺麗なミノウミウシでした。思ったよりも大きくて驚きました。
これなら、生息していれば目立って一発で見つけられますね。

e0041143_762157.jpg

ハナデンシャ 50mm位

e0041143_763389.jpg

ハナデンシャ 50mm位
水面近くを浮遊していました。無理に浅場に着停させての撮影のため、
全体的に膨らんでいて、二次鰓も小さいままです。浮遊体制の場合、
全体的にふっくら膨らんでいます。また、先にアップした動画のように
腹足部分を丸めて「瓜」のような形状になって漂い移動するようです。

e0041143_7104194.jpg

ハナデンシャ 50mm位
水槽の中で落ち着くと全体的な膨らみが消えて、よりドーリスっぽく
なります。二次鰓も大きくなっています。排泄物は髪の毛のように細い。
外套膜部分の紅い苺のような突起部分(7箇所?)の白い箇所が発光する
ようですね。
このような状態の形状を見ると、フジタウミウシ科だとよく解ります。
うっすらと内部が透けていて、前方の赤い部分と、その下の黒い部分の
間に心臓があるようで、ドクドクと動いていました。

e0041143_77376.jpg

イロミノウミウシ 25mm位

e0041143_773244.jpg

カメノコフシエラガイ幼体 5mm位
奥さまが極小個体を発見! 新参のフシエラガイかと調べましたが、
「本州のウミウシ」のカメノコフシエラガイの幼体でよさそうな・・?

e0041143_78176.jpg

ツツイシミノウミウシ 15mm位
私も二度目でした。背面が紅色で綺麗でしたね^^

e0041143_79143.jpg

ホンクロシタナシウミウシ?の幼体 2-3mm位
オカダウミウシと同じくらいの大きさでした・笑
ちゃんとドーリスの型をして元気に動いていましたよ^^

e0041143_795784.jpg

ツノバネミノウミウシ 6-7mm位
イロミノウミウシを見た後だったので、イロミノかなと思ったのですが、
なんか違う・・・二個体同じ石裏にくっ付いていました。お初です。
が、写真がイマイチです。。。。。
言い訳は、ハナデンシャで放心状態でした・笑
[PR]

by sea-slug | 2010-08-23 20:56 | ウミウシ探索日記 | Comments(2)
Commented by 男鹿うみうし 記録係 at 2010-08-25 07:55 x
ハナデンシャおめでとうございます。
我が家で、男鹿で観察したいウミウシトップです。
山形、宮崎の水槽内では見たことがありますが、
十数年前、初めて『相模湾産後鰓類図譜補遺』の図版で見たときは
どんなウミウシか想像できませんでした。
Commented by sea-slug at 2010-08-25 17:25
男鹿のウミウシさんへ
こんにちは!ご無沙汰しております。hpは、ちゃんと見てるんですけ
ど^^;;;
そちらも猛暑ですか?

そういえば、三浦でもタマミルが観察できたんですよ!
懐かしかったです^^

ハナデンシャ・・
ありがとうございます。まさか目の前に現れたときは、溺れそうになり
ました(笑) 今年の運気も全て使い果たしたことでしょう(笑)


<< ++ウミウシ探索隊++神奈川県...      ハナデンシャの旅立ち♪ >>