+++kouchaとpawのウミウシ探索隊(主に三浦半島の海・磯観察日記)+++

umiusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 22日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿ー荒崎partⅡ

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 荒崎

新宿で2時間程探索後、トイレタイムで荒崎方面に行ったついでに、
久しぶりに荒崎で探索することにしました。とりあえず、湾内ではなく、
以前、ミドリアマモウミウシやサミドリモウミウシを見つけた潮溜まりに
行ってみました。

岩場の上の、あまり潮位が上がっても埋没しないような潮溜まり。
黄緑色の藻が沢山繁殖していました。水面に泡が浮いているので汚れて
いるようにさえ見えます。(この泡は、光合成で藻が酸素か何かの気体を
発生させているようで、空が曇って暗くなると泡を出さなくなりました。)

この潮溜まりで、見たことの無いミドリガイに遭遇。帰って’本州のウミウシ’で
調べるまで分かりませんでした。(10-15mm位 ハマタニミドリガイと判明)
続いて同じ潮溜まりの中で、アリモウミウシ(5mm位)を発見!
更に、その脇の潮溜まりでツマグロモウミウシ(10mm位)と出会えました。

3種の新しい出会いがあって、kouchaもpawも大喜びでした^^

近くの潮溜まりでは、他にコノハミドリガイを多数見つけました。

明らかに他と違う生態系を作り出す潮溜まり。この潮溜まりでは、やがて違う海藻類
の繁殖により、異なる種のウミウシが見られるかもしれません。楽しみです。

磯観察でのウミウシ探索は、外洋に面した探しやすい潮溜まりか、このように
独自の生態系を作り出している潮溜まりをどれだけ見つけられるかが鍵のようです。

ここのところ、決まった磯しか観察していなかったので、また少し動いてみようかとも思います。

e0041143_16404090.jpg

黄緑色の藻の潮溜まりで初めてであった ハマタニミドリガイ 10-15mm
e0041143_1641987.jpg

ハマタニミドリガイ

e0041143_16412625.jpg

ハマタニミドリガイ

e0041143_16433793.jpg

同じ黄緑色の藻の潮溜まりで出会った アリモウミウシ 5mm位
ミノの先端がオレンジ色っぽいには肉眼では分かりませんでした。

e0041143_16443269.jpg

アリモウミウシ

e0041143_18164663.jpg

同じような藻の潮溜まりで出会った ツマグロモウミウシ 10mm位
e0041143_18173089.jpg

ツマグロモウミウシ

e0041143_18192921.jpg

ツマグロモウミウシ
水槽に入れて観察していると、この子たちは、この写真のように上を向くように
頭をよく持ち上げていました。

e0041143_18223876.jpg

コノハミドリガイ
同じく同じような藻の潮溜まりで数個体出会いました。

e0041143_18233060.jpg

コノハミドリガイ

e0041143_18234386.jpg

コノハミドリガイ
[PR]

by sea-slug | 2006-10-22 16:11 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2006年 10月 22日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿ー荒崎partⅠ

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

前回から二週間ぶりにウミウシ探索に出かけました。

潮のボトムは、10:39 54.5cm。前回よりも8cm程高い潮位です。
前回30cm以上の潮位だと、この場所では探索が難しいと書きましたが、
間違いでした。

今回、9:30頃到着しましたが(潮位65cm位)、すでにお気に入りの潮溜まりまで
問題なく行けました。ここ数回のウミウシ探索では、台風が来ていたり、低気圧が
来ていたりと、潮の満ち引き以上に、潮位が増していたようです。今回は久しぶりに
波も穏やかで、良い磯観察日和となりました。

さて、磯でのウミウシの状況です。
海は水温も下がってきているようで、浅瀬の海草類も、だいぶ青々してきています。
秋口から見かけるイロミノウミウシと多数出会いました。このウミウシは暗いところが
好みでゴロタ石の裏側にくっ付いています。

他には、やはり秋口から増えてくるアメフラシ類。まだ大きな個体は、あまりいませんが、
アメフラシ、ミドリアメフラシ、クロヘリアメフラシと多数出会えました。
特筆すべきは、クロスジアメフラシ10個体、20個体の群れに出会えたことでしょう。

他には、ムカデミノウミウシ数個体(皆、大きな個体でした)、タツナミガイ、ツヅレウミウシ、
Rostanga属の仲間(暫定)と出会えました。

e0041143_15551687.jpg

イロミノウミウシ

e0041143_15501159.jpg

イロミノウミウシと卵

e0041143_15531596.jpg

イロミノウミウシ 片方の触覚が無く、頭触手が枝分かれしている個体

e0041143_1556433.jpg

クロスジアメフラシの群れ 20個体の群れが見れました。

e0041143_1558797.jpg

大きて立派なムカデミノウミウシ お尻の先だけちょこっとブルーで綺麗でした。

e0041143_1602291.jpg

ツヅレウミウシ 鰓は開いていません^^;

e0041143_16102162.jpg

Rostanga属の仲間(暫定)

kouchaは、ツヅレウミウシの赤ちゃん、
pawは、以前出会ったRostanga属の仲間に似ていると意見が分かれております。
ツヅレウミウシにしては身体の割に鰓が大きいのでは・・・。

ワギリウミウシ と分類しました。
[PR]

by sea-slug | 2006-10-22 15:10 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2006年 10月 08日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

2006.10.8 神奈川県横須賀市長井 新宿

二週間ぶりに家族4人でバーベキューを兼ねてウミウシ探索に出かけました。

潮のボトムは、11:09 46.8cm。前回は、31.6cmでしたから15cm程高い潮位
です。しかし、日本の東側を北上する台風のような大きな低気圧の影響か、
風はさほどでもありませんでしたが、波が思ったよりも大きいようで、潮位も
全体的に高いようです。
一番の引きの時間でも、お気に入りの潮だまりは、波に洗われ、
手前のゴロタ石の多いあたりも水面も膝下まで上昇しており、お手上げ状態でした。

こうなると箱メガネ(採集ケースを利用)での探索しか手がありません。
そこそこの潮溜まりの数や、ゴロタ石の多さからいえば、荒崎の方が
良かったようです。今後は、春先3月までは荒崎か芝崎の潮溜まり、ゴロタ石の
裏側探索に切り替えます。

ここでのお気に入りの潮溜まりでの探索は、4~9月の期間が良いようです。
(潮のボトムが30cm以下)

さて、今回は天気も良く、気温も結構高かったので、スキンダイビングでの探索
を行いました。お気に入りの潮溜まりは波に洗われ探索不能。その近辺の落ち込み
のあたりで結構大きめのムカデミノウミウシを数個体とアオウミウシに出会えました。
浅瀬では、クロヘリアメフラシ数個体と、オカダウミウシ、
久しぶりにクロスジアメフラシと出会えました。

e0041143_10505853.jpg

クロスジアメフラシ
青色の目紋が綺麗。体表突起は、藻のようで擬態しているようです。

e0041143_10515298.jpg

クロスジアメフラシ

e0041143_10524415.jpg

クロスジアメフラシ

e0041143_10534866.jpg

クロスジアメフラシの裏側
つぼめた口を活発に動かしていました。

e0041143_10574352.jpg

ムカデミノウミウシ

e0041143_10582563.jpg

オカダウミウシ
やはり前回、ヒメキヌハダウミウシと思っていたウミウシはオカダウミウシですね。
触角間は、隆起ではなく、色の透け具合で、そのように見えたのでしょう。

e0041143_111040.jpg

アオウミウシ
触角が片方通常と異形ですね。

e0041143_112452.jpg

クロヘリアメフラシ
いろいろな表情を見せます。

e0041143_113455.jpg

ゴロタ石は膝下に・・・。波の立っているあたりがお気に入りの潮溜まり、たどり着けず。。。
[PR]

by sea-slug | 2006-10-08 10:14 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)