<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

2007.4.30 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

潮のボトムは、9:41、42cm。大潮初日で潮の引きはイマイチでしたが、
快晴、ベタ凪状態で、ウミウシ探索には、もってこいの日和となりました。
また、ホンダワラやヒジキの量が少し減り、観察しやすい条件となって
きました。
8:10頃から10:30頃までkouchaと探索しました。

成果は、アメフラシX3、タツナミガイ多数、オカダウミウシ多数、
ブドウガイ、ムカデミノウミウシ多数、ダイダイウミウシ多数、
クロシタナシウミウシ多数、ゴマフビロードウミウシX1、オトメウミウシX1
アオウミウシX3、ネズミウミウシX1、クモガタウミウシX3、
ホオズキフシエラガイX3、ヤマトウミウシX1、ヒメメリベX1、ミノウミウシX1
の16種でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところでウミウシのような、そうでないような個体を見つけました。
イソアワモチとも違うようです。kouchaの考えでは、背楯目のカメノコフシエラガイ科
あたりか、裸鰓目のタテジマウミウシ科ではないかと。
その後、水産無脊椎動物研究所さんのhpで調べたところ、新生腹足上目の
ベッコウタマガイにも似ている気がします。

大きさは30-35mm。採取場所は、岩場の水面よりも30cm程上で
ぶら下がっていました(干潮 9:41 42cm時)
触ると固く、山型に盛り上がっていました。
腹足はありますが、体の大きさからすると小さめです。
(この個体に関しては現在検証中です。判り次第アップします。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0041143_22173990.jpg

ゴマフビロードウミウシ 20mm位

e0041143_22181348.jpg

ネズミウミウシ 50mm位

e0041143_2219116.jpg

アオウミウシとダイダイウミウシ

e0041143_22192241.jpg

ゴマフビロードウミウシとオトメウミウシ
[PR]

by sea-slug | 2007-04-30 18:38 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2007年 04月 22日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

2007.4.22 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

先週に引き続き三週連続で長井・新宿で探索しました。
潮のボトムは、13:55、8.9cmと好条件です。
潮の引き具合は良かったのですが、とにかく風が異常に
強く参りました。潮溜まりの海面も波立ち、海中が
良く見えません。それでも、12:30-14:00位の
探索で、

ミドリアメフライX1、タツナミガイX多数、
オカダウミウシX多数、ブドウガイ、
クロシタナシウミウシX6、ダイダイウミウシX多数、
イソウミウシX1、シロウミウシX1、
クモガタウミウシX多数、オトメウミウシX1、
ホオズキフシエラガイX1、ヒメメリベX2
ツブツブウミウシX1(初)、サンシキウミウシX3
ツヅレウミウシX1、ムカデミノウミウシX1
の計16種と出会いました。

アメフラシ目、ブドウガイがほとんど見られなく
なってきました。

初めて出会ったウミウシは、ツヅレウミウシかと思った
のですが、良く見ると背面は粒粒だらけ。
帰ってから調べたのですが、センリョウウミウシのような・・・。
しかし、どうもしっくり気ません。マンリョウウミウシも
調べましたが、背面の粒は瘤状というわけでも無く、
くびれもほとんどありません。
密集した背面突起の風貌から判断して
ツブツブウミウシとしました。

ツブツブウミウシの外見特長(本州のウミウシより)
・体は硬い・・・○
・体地色は黄色から淡褐色、赤褐色、褐色・・・△(濃茶色)
・突起は外套膜の周辺ほど小さくなる・・・○
・突起の基部は白く縁取られることもある・・・○
・鰓や触角は体地色よりやや濃色・・・○
・春、岩礁域で観察される・・・○

e0041143_21323788.jpg

ツブツブウミイウシ 30mm位

e0041143_21333654.jpg

ツブツブウミウシ 30mm位
[PR]

by sea-slug | 2007-04-22 21:33 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2007年 04月 15日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

2007.4.15 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

先週に引き続き、長井・新宿で探索しました。
潮のボトムは、09:39、59.8cmと前回に比べ40cm以上
高かったのですが、とりあえず探索することにしました。

9時頃から探索開始。
天気も良く、波も穏やかでしたが、さすがに海面が高めで、
前回よりは探しにくく、潮が満ちるのも速かったです。

2時間半余りの探索で

アメフラシX2、アマクサアメフラシX2、タツナミガイX多数、
オカダウミウシX多数、ブドウガイX多数、
クロシタナシウミウシX8、ダイダイウミウシX7、
イソウミウシX2、シロウミウシX1、
アオウミウシX1、アカエラミノウミウシX1、
キヌハダウミウシX1、クモガタウミウシX1、
ホオズキフシエラガイX1、ヒメメリベX1
の計15種でした。

キヌハダウミウシは、発見された時、
クロシタナシウミウシを食していたようでした。
(透けた体内も黒ずんでいました。)

その後、となりの長浜海岸を散策に行ったのですが、
満ちた波打ち際では、沢山のアメフラシの卵が
打ち上げられていました。アメフラシの死骸も
沢山見つかりました。

先週も数種の交接と思われる複数固体の発見が
ありましたが、春に交接、卵を産み、命を終え、
夏場に向けて、幼生がウミウシとなっていくのでしょう。
海中、深い場所ではどうか判りませんが、
磯は、このような季節の巡りで動いているようです。

e0041143_2331072.jpg

キヌハダウミウシ 50mm位
透けた体内が黒っぽいのはクロシタナシウミウシを食した後の為^^;

e0041143_2332026.jpg

ダイダイウミウシ 15mm位
白っぽい個体でした。

e0041143_23323534.jpg

クロシタナシウミウシ 60mm位
久しぶりのマダラタイプ。

e0041143_23331334.jpg

アカエラミノウミウシ 15mm位

e0041143_2338681.jpg

シロウミウシ 40mm位

e0041143_23384271.jpg

イソウミウシ 15mm位
久しぶりの個体でした。

e0041143_2339415.jpg

アオウミウシ 10mm位
幼体です。可愛かった^^
[PR]

by sea-slug | 2007-04-15 23:29 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2007年 04月 08日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

2007.4.8 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井 新宿

ほぼ二ヶ月ぶりに長井・新宿で探索しました。
潮のボトムは、14:29、16.3cm。
12時半頃から探索開始。
天気も良く、波も穏やかで絶好のウミウシ探索日和です。
磯は、ヒジキが非常に多かったですが、
2時間半余りで、おそらく過去最高の個体数&種と出会えました。

アメフラシ多数、クロヘリアメフラシX1、アマクサアメフラシX3、タツナミガイ多数、
ブドウガイX1(数が少なくなってきました)、オカダウミウシ多数、
ムカデミノウミウシX15以上、サガミミノウミウシX5、
ホオズキフシエラガイX8、アオウミウシX2、
シロウミウシX2、サンシキウミウシX2(初)、
クロシタナシウミウシX8、オトメウミウシX3、
ヒメキヌハダウミウシX1、キヌハダモドキX1、
アカエラミノウミウシX1、アリモウミウシX1、
ダイダイウミウシX20以上、クモガタウミウシX2、
ヒメメリベX4の
計21種類でした。

このうち、アマクサアメフラシ、サガミミノウミウシ、
ホオズキフシエラガイ、サンシキウミウシ、
クロシタナシウミウシが2-3個体同時に見つかり、
交接期のように思われます。大きな個体が多かったです。

ツメウミウシのような個体も見つかりましたが、
死骸で、はっきりは確認できませんでした。

沢山の個体、種のウミウシと出会え、おまけに初の出会いも
あり、kouchaもhahaもpawも大満足&エキサイトした
一日でした。腰が痛い・・・・^^;

e0041143_0254443.jpg

初めて出会えたサンシキウミウシ 30mm位

e0041143_23211919.jpg

シロウミウシ 40mm位

e0041143_23224579.jpg

アオウミウシ 30mm位

e0041143_23231748.jpg

ホオズキフシエラガイ 40mm位
他にも2個体での交接が見られた。

e0041143_23241072.jpg

サガミミノウミウシ 大きい方が30mm位

e0041143_2324573.jpg

オトメウミウシ 20mm位

e0041143_23253025.jpg

ダイダイウミウシ 15mm位

e0041143_23261816.jpg

アカエラミノウミウシ 15mm位
アカエラミノウミウシは捕獲してきた時に、
心嚢のあたりに空気を入れ膨らませていました。
バケツに入れると、ミノを自切し、水面に浮いていました。
敵に攻撃されていると認識したのでしょうか?
それにしても空気を取り込み膨らむなんて・・・??
膨らんで水面まで上昇し、波間を漂い、
いち早く敵の攻撃から逃れる手段なのでしょうか??

e0041143_23272493.jpg

kouchaが、空気袋を押さえつけると空気が抜け通常の形態に戻った。
[PR]

by sea-slug | 2007-04-08 22:38 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2007年 04月 01日

++ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町芝崎

2007.4.1 神奈川県三浦郡葉山町芝崎

ほぼ一ヶ月ぶりに芝崎に探索にでかけました。
潮は大潮で、ボトムは10:06 51.3cm。

前日夜、天候が悪く、風も強く、波の高さも
2mと条件があまり良くなかったのですが、
行っていると、それ程悪くなく、あちこち探せました。

前回に比べヤマトウミウシは激減。その代わり
クロシタナシウミウシが結構いました。

成果は、アメフラシ目3種 アメフラシ、ミドリアメフラシ、タツナミガイ。
数は少なかったです。ラーメンのような黄色いアメフラシの卵が
見れました。
それと、ヤマトウミウシ4個体、エムラミノウミウシ1個体、
クロシタナシウミウシ5個体、ブドウガイ3個体(少なくなってきました。)、
オカダウミウシ多数、キヌハダモドキ、初めて出会えたアカボシウミウシ
の計10種でした。

同じバケツに捕獲しておいたのですが、気がついたら、
アカボシウミウシがエムラミノウミウシを捕食。
エムラミノウミウシは、危険を察知して、ミノを自切しました。
ミノはしばらくバケツの中で動いていました。
その後、引き離してエムラミノウミウシを逃がしてやりましたが、
ほとんどミノはありませんでした。

その後、キヌハダモドキとアカボシウミウシの闘いを観察。
キヌハダモドキに軍配が上がりました。捕食される前に
kouchaが引き離してリリース。

それにしてもキヌハダウミウシ科はホントに獰猛です^^;
ここにウミフクロウが登場したら、果たして・・・。

e0041143_23341318.jpg

アカボシウミウシ 15mm位

e0041143_23353368.jpg

アカボシウミウシ 15mm位

e0041143_23355911.jpg

アカボシウミウシ 15mm位

e0041143_9341956.jpg

キヌハダモドキ 15mm位

e0041143_23364530.jpg

オカダウミウシ 2mm位
白くて丸いのはウズマキゴカイ。こいつを食べて生きています。
さらに小さいオレンジ色の粒粒はオカダウミウシの卵。
撮る時には、肉眼で認識できず。写真にして卵と判ったのでした。

e0041143_234245100.jpg

観音崎自然博物館の水槽にいたムカデミノウミウシ。
裏側の写真はなかなか撮れないですね。
[PR]

by sea-slug | 2007-04-01 17:21 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)