<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 24日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

2007.9.24 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

前回に引き続きホームグラウンド、長井でウミウシ探索を行いました。

潮のボトムは、小和田湾 09:25 28.5cm。

今日は、某磯観察会と合同探索です。
ちょっと早め、8時前に現地着。前回、初物が3種見つかった3丁目の磯へ。
紅茶が、久々のハクセンミノウミウシを発見!
前回見つけたフレリトゲアメフラシX1個体、ホソエラワグシウミウシX3個体も
見つかりました。
コノハミドリガイを落として、掻き分けて探した海藻の中から、
タツノオトシゴが飛び出してきました。ビックリ^^
その後、これまた一年振りのミヤコウミウシを見つけました。
う~ん、なかなか、いい磯だなあ。。。
今後は、こちらの磯も探索せねば・・・。

その後、8:30頃、5丁目の磯へ移動。すでに観察会の方々が来ていました。
天候は、途中、ちょっと雨は降ったものの、なんとかお昼頃までもちました。
一昨日位の陽気なら、充分シュノーケリングが出来たのですが、23℃では、
ちょっと寒く断念。

さて、探索開始。アメフラシやミドリアメフラシがまだ、小さめだけど出始めている。
たとえ、アメフラシ目でも賑やかでいいものです。ムカデミノウミウシは、さほど
多くなくなってきました。

小さなミノウミウシを発見!ムカデミノとは、ちょっと様子が違う。
それは、初めて見るムラサキミノウミウシでした。その後、紅茶も発見。
計4個体と出会えました。

11時頃、観察会の方々と、成果を拝見。
観察会の方の見つけた個体をキシュウベッコウタマガイだと思っていたら、
ななんと、カメノコフシエラガイでした。
(大変失礼いたしました。先入観で判断してはいけないですね、反省^^;)

観察会の方が、顕微鏡?拡大鏡?を持ってきていらっしゃって、
ムラサキミノウミウシやイソウミウシを見せて頂きました。
やはり、肉眼とは違い、非常に細部がよく見れます。
ムラサキミノ、綺麗でした~♪
老眼が進んできているpawとしても、ルーペや拡大鏡が必需品のようです。
後から、デジカメの写真で確認するよりも、現地でしっかり見たいですからね。
デジカメをセットできるタイプもあるようなので、検討してみようとも思っています。

久々のスクレロドーリス・アピクラータX1、フタスジミノウミウシX1も
見せて頂きました^^

観察会全体での成果は、
クロシタナシウミウシ 長井3,5
アオウミウシ 長井3,5
コノハミドリガイ 長井3,5
アメフラシ 長井5
ムカデミノウミウシ 長井3,5
ミドリアメフラシ 長井3,5
クロヘリアメフラシ 長井5
アマクサアメフラシ 長井5
ヒメメリベ 長井3
タツナミガイ 長井5
ホウズキフシエラガイ 長井5(小さな幼体X2)
ハクセンミノウミウシ 長井3
クロスジアメフラシ 長井3,5
イソウミウシ 長井5
リュウモンイロウミウシ 長井5
スクレロドーリス・アピクラータ 長井5(30-40mm個体)
フタスジミノウミウシ 長井5(10mm位)
ミヤコウミウシ 長井3(30-40mm個体)
ホソエラワグシウミウシ 長井3 (5~20mmX3個体)
フレリトゲアメフラシ 長井3(60-70mmX1個体)
ムラサキミノウミウシ(初)長井5 4個体(10mm位)
カメノコフシエラガイ(初)長井5(30~40mmX2個体)

の計22種でした。
(さすがに目が多いと見つかりますね^^)

(カメノコフシエラガイは、観察会の方が見つけられましたが、
初物としてカウントさせて頂きます。<(_ _)>よろしくお願いします)

また、機会がありましたら、ご一緒によろしくお願いします。
Hさん、いろいろとお世話になりまして、ありがとうございました。

e0041143_1812591.jpg

ハクセンミノウミウシ 15mm位

e0041143_1822220.jpg

ムラサキミノウミウシ(初) 10mm位

e0041143_1825995.jpg

ムラサキミノウミウシ(初) 10mm位

e0041143_1832823.jpg

ムラサキミノウミウシ(初) 10mm位

e0041143_183473.jpg

カメノコフシエラガイ(初) 30-40mm

e0041143_184436.jpg

おまけ・・・タツノオトシゴ
[PR]

by sea-slug | 2007-09-24 17:41 | ウミウシ探索日記 | Comments(11)
2007年 09月 23日

ハナデンシャ♪

ネプリカの特番で、ハナデンシャの発光が
見れました。いや~、なかなかスゴイ光り方ですね。

手のひらサイズのハナデンシャ。
あ~、見てみたいなあ。。。

e0041143_18472940.jpg

e0041143_18474386.jpg

e0041143_18475420.jpg

[PR]

by sea-slug | 2007-09-23 18:47 | ウミウシいろいろ | Comments(0)
2007年 09月 09日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

2007.9.9 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

前回に引き続きホームグラウンド、長井でウミウシ探索を行いました。

潮のボトムは、小和田湾 09:19 23.7cm。
前回とほぼ同じ条件。ボトムの時間が早かったので、06:30頃出発、
08:00前には着きました。

磯には着いたものの、紅茶が、もうちょっと寝かせてほしいというもんで、
長井3丁目のテトラポット岸壁沿いに車を止めて、pawだけ探索開始。
ここなら、紅茶が起きても、磯から近いということで。

この磯は以前、探索したことがあったのですが、海藻の繁殖もイマイチだし、
そんなに期待していなかったのですが・・・・。

沖方向へ突き出た磯を観察していくと、海藻が点在し始めます。
じ~っと海藻を眺めていると、何やら動いている個体が・・・・。
よく見てみると、その辺りは、足の踏み場も無いほど、小さなクロスジアメフラシで
埋め尽くされていました。さらに、海藻を眺めていたら、
むむ・・・、おお!見たことないミノ系の個体が!
(後に、ホソエラワグシウミウシ (初)と判明。

紅茶を起こし、新種だぞ~!紅茶も寝ぼけ眼でビックリ^^
一緒に、もう一度、その辺りの磯を探索・・・・・そして、
紅茶!!大変、大変!!
何と、以前から探していた(この辺りで目撃されている)フレリトゲアメフラシ(初)!!!
いや~、驚きました。
結局、その磯で10個体以上のフレリトゲアメフラシと出会えました。
予想以上に、大きく(80-120mm)、色鮮やかなブルーの斑点を散りばめて
いました。いや~、知らない人が見たら、恐ろしくて触れないでしょうね~。

さらにその磯では、ウミナメクジ(初)とも出会えました。

(もし、紅茶が’もう少し眠らせて’と言わなければ、この磯を探そうとは
全く思わなかったわけで・・・これはもう、ウミウシの神様の導きではないかと・・(笑))

その後、この磯は、さほど広くない磯なので、しばらく探索してからホームグラウンドの
新宿(長井5丁目)へ移動しました。


こちらは、シュノーケリングで探索。相変わらずムカデミノウミウシは多かったです。
そして、紅茶が、何とチゴミドリガイ(初)を発見!!!
いや~、小さいのに良く見つけました。
そして、色合いの綺麗なこと、綺麗なこと。
pawは、写真撮りながら、うなり続けていました(笑)

新しい出会い4種、大興奮の一日でした。。。

成果は、
クロシタナシウミウシX5
アオウミウシ多数
コノハミドリガイX5
ムカデミノウミウシ超多数
クロヘリアメフラシX5
ヒメメリベX5
タツナミガイ多数
サラサウミウシX1
クロスジアメフラシ超多数
イソウミウシX1
サメジマオトメウミウシX1
ホソエラワグシウミウシ (初)
フレリトゲアメフラシ(初)
ウミナメクジ(初)
チゴミドリガイ(初)

の15種でした。

e0041143_2233343.jpg

フレリトゲアメフラシ(初)60-120mm

e0041143_2233551.jpg

フレリトゲアメフラシ(初)60-120mm

e0041143_22341641.jpg

フレリトゲアメフラシ(初)60-120mm

e0041143_22343945.jpg

ホソエラワグシウミウシ (初)20mm

e0041143_22354471.jpg

ウミナメクジ(初)10mm

e0041143_22362448.jpg

ウミナメクジ(初)10mm

e0041143_2236471.jpg

チゴミドリガイ(初)10-15mm

e0041143_223713100.jpg

チゴミドリガイ(初)10-15mm

e0041143_22373434.jpg

チゴミドリガイ(初)10-15mm
[PR]

by sea-slug | 2007-09-09 23:56 | ウミウシ探索日記 | Comments(3)
2007年 09月 08日

オカダウミウシ

e0041143_8574281.jpg


●オカダウミウシ
Vayssierea felis
(Collingwood,1881)

裸鰓目 ドーリス亜目 
オカダウミウシ科

分布:インド・西太平洋

直接発生のため卵は大型。鰓はない。
転石下などに着生しているウズマキゴカイ
の殻に歯舌で穴をあけこれを食する。
3mmに達する。
[PR]

by sea-slug | 2007-09-08 08:58 | ウミウシ・絵 | Comments(0)
2007年 09月 02日

ホウズキフシエラガイ

久々に紅茶がウミウシの絵を描きました。

e0041143_2232272.jpg


●ホウズキフシエラガイ
Berthellina citrina
(Rueppell & Leuckart,1828)

背楯目 NOTASPIDEA
カメノコフシエラガイ上科 PLEUROBRANCHOIDEA
カメノコフシエラガイ科 PLEUROBRANCHIDAE

分布:インド・西太平洋の熱帯域・温帯域

ホウズキフシエラガイ属。和名は、丸くて赤く熟した
ホオズキに見立てられてつけられたもの。
カイメン食であるが六方サンゴ類も食する。
30-60mm。
[PR]

by sea-slug | 2007-09-02 22:08 | ウミウシ・絵 | Comments(2)