<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 21日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

2007.10.21 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目

前回に引き続きホームグラウンド、長井でウミウシ探索を行いました。

潮のボトムは、小和田湾 06:59 48.1cm。

4時起床。4:30頃出発。まだ外は真っ暗で、東の空に
眩しい星が見下ろしていました。気温は12℃。今シーズン
一番の冷え込みになりました。

横横道路を走っていると、だんだん空が明るくなってきます。
こんなに早起きして行動するのは久しぶりですねー。
6時頃、長井3丁目着。一時間ほど探索しました。
kouchaは、昨日の合唱コンクールでお疲れ気味。
3丁目では、フタスジミノウミウシが見れました。これは、
海へ伸びる岩場の内側の細い溝の突き当たりの潮溜まり
にいました。岩陰の暗い磯で、何かいそうだな~との直感が
働きましたねー。

いつもの5丁目(新宿)の磯では、ゴロタ石の下から、
ツヅレウミウシ、キイロクシエラウミウシ、ミノウミウシが
見れました。ムカデミノウミウシは、めっきり減りましたね。

ここで、2時間余り探索。今シーズン初めての長靴での
探索でした。

家に帰って、写真を調べてみると、イロミノウミウシだと思って撮った
個体が、どうも雰囲気が違います。う~ん、何だあ、これは・・・と
本州のウミウシを見ていたら、何と、スプリラ・サラアミカと判明。
いや~、写真撮ってきて良かった!!!
pawもkouchaも、この個体を見たとき、パッとみた色合いと
形態の感じ、それと近くにあった卵塊から、イロミノウミウシそっくり
で、まんまと騙されてしまったわけです。
動きもイロミノウミウシに比べて、かなり鈍かったんですよねー。
(イロミノウミウシは、光を感知すると、すぐに石の裏側へ回り込むように動く)
う~ん、何はともあれ、初物との出会いに感謝^^


成果は、

クロシタナシウミウシX1 3丁目
アオウミウシX1 3丁目
コノハミドリガイX1 3丁目
アメフラシX多数 3,5丁目
ムカデミノウミウシX多数 3,5丁目
ミドリアメフラシX2 5丁目
タツナミガイX2 5丁目
オカダウミウシX1 5丁目
ツヅレウミウシX3 5丁目
クロスジアメフラシX多数 3,5丁目
キイロクシエラウミウシX3 5丁目
フタスジミノウミウシX2 3丁目
ミノウミウシX1 5丁目
スプリラ・サラアミカ(初)X2 5丁目

14種でした。

e0041143_18571560.jpg

コノハミドリガイ 20mm位

e0041143_18574889.jpg

アオウミウシ 10mm位

e0041143_18582143.jpg

フタスジミノウミウシ 10mm位

e0041143_19035.jpg

フタスジミノウミウシ 10mm位

e0041143_1902345.jpg

ツヅレウミウシ 3個体 40-50mm位

e0041143_191359.jpg

キイロクシエラウミウシ 20mm位
このようにゴロタ石の裏側の窪みに収まっていることが多い。

e0041143_192388.jpg

ミノウミウシ 15mm位 同じゴロタ石のツヅレウミウシの近くにいました。

e0041143_1931252.jpg

スプリラ・サラアミカ(初) 10-15mm

e0041143_1933762.jpg

スプリラ・サラアミカ(初) 10-15mm
[PR]

by sea-slug | 2007-10-21 18:54 | ウミウシ探索日記
2007年 10月 08日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目&6丁目

2007.10.8 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井3丁目&5丁目&6丁目

前回に引き続きホームグラウンド、長井でウミウシ探索を行いました。

潮のボトムは、小和田湾 08:47 38cm。

起きると、朝焼け。昼頃から雨の予報でしたが、なんとか探索できそうと
いうことで行ってきました。
が、やはり、波が高く、潮はあまり引きませんでした。

07時半頃、長井3丁目着。フレリトゲのいた磯まで、何とかたどり着きましたが、
魚影ならぬ、ウミウシ影は、全くありません。大繁殖していた、クロスジアメフラシ
も姿が見当たりません。小さなアメフラシ 1個体のみ。

08時過ぎに、長井5丁目着。波が高い^^;
だいたいこういう状況の時には、ウミウシ影は少ないです。おそらく、水深の深い
ところへ行ってしまっているか、ゴロタ石の裏側にくっ付いているかでしょう。
アメフラシ、ミドリアメフラシの小さな個体は、確実に増えてきています。
今シーズン初めてのブドウガイも1個体見つかりました。
磯も、確実に秋から冬へと向かっています。

ゴロタ石の下からは、カメノコフシエラガイ、イロミノウミウシ、ツヅレウミウシが
見つかりました。浅場では、アメフラシ類、ムカデミノウミウシのみでした。

09時半ごろ、長井6丁目へ移動。
荒崎の高潮帯潮溜まりで、アリモウミウシ、コノハミドリガイなどが見れました。

成果は、

コノハミドリガイ
アメフラシ
ムカデミノウミウシ
ミドリアメフラシ
ジャノメアメフラシ
イロミノウミウシ
ブドウガイ
タツナミガイ
オカダウミウシ
ツヅレウミウシ
クロスジアメフラシ
アリモウミウシ
カメノコフシエラガイ

13種でした。

e0041143_2065990.jpg

うう・・・波が高い・・・途方に暮れるkoucha^^;

e0041143_2075155.jpg

ムカデミノウミウシの幼体 3mm位
ウミウシ眼も、かなり発達してきたか(笑)

e0041143_2093135.jpg

ウミウシの個体が全体に少ないときでも、
鮮やかなブルーで楽しませてくれる ムカデミノウミウシ 50mm位

e0041143_2010567.jpg

カメノコフシエラガイ 60mm位
今回は自分で見つけました。予想通り、ゴロタ石の裏側で発見。

e0041143_2012640.jpg

アリモウミウシ 5mm位
高潮帯タイドプールの住人です。

e0041143_2013035.jpg

コノハミドリガイ 20mm位
こちらも高潮帯タイドプールで。

e0041143_20134718.jpg

久しぶりのジャノメアメフラシ 70mm位
刺激すると、背中を開き、大宇宙を見せてくれます。

e0041143_201452100.jpg

ジャノメアメフラシ 70mm位
どアップで、蛇の目模様を撮ってみました。
外側の模様からも、内側の模様からも蛇の目が想像できますね^^
[PR]

by sea-slug | 2007-10-08 19:11 | ウミウシ探索日記 | Comments(6)