<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 24日

ミナミヒョウモンウミウシの不思議

ミナミヒョウモンウミウシの不思議


現在、国内において、ミナミヒョウモンウミウシと呼ばれる個体(a)は、’本州のウミウシ’や
’沖縄のウミウシ’に載っているような個体が標準化されているようです。これらの個体(a)
は、sea slug forum にも掲載されておりまして、ラドマン博士は、次のように解説していま
す。
This is a pale form of Jorunna pantherina which ranges in colour form this almost
colourless form through shades of yellow, brown, grey and green.

http://www.seaslugforum.net/display.cfm?id=2464

また、この個体(a)ととてもよく似ている個体をJorunna sp. 1.として下記に掲載しています。

http://www.seaslugforum.net/showall.cfm?base=jorupurp

ところで、sea slug forum のミナミヒョウモンウミウシJorunna pantherina(b)の個体は、これら
の国内において標準化されている個体(a)とは、素人が見る限りだいぶ違うように思われます。

http://www.seaslugforum.net/showall.cfm?base=jorupant

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

中部日本海沿岸産ミナミヒョウモンウミウシ(新称)の新記録と大阪湾加太産同一種の解
剖(図解)(2000年) 馬場菊太郎博士の論文によると、
http://www.fitweb.or.jp/~janolus/BabaJan.htm

「背中の絨毛状突起は骨片質、骨片は各絨毛突起の先端から放散する。鰓葉の排列は
椀状。背面地色は草緑色または褐色で、全面に暗褐色の小班を散布し、学名はヒョウの
紋様にたとえられる。」

この論文のFig.1の草緑色個体(40mm)の個体は、sea slug forum のミナミヒョウモンウミウ
シJorunna pantherina(b)と素人目に見てもとてもよく似ています。

高岡生物研究会で掲載しているミナミヒョウモンウミウシ
http://www.fitweb.or.jp/~janolus/051610.htm

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、今回観察された個体(10mm位)は、はじめイソウミウシの仲間かなと思ったのですが、
男鹿のウミウシさん(男鹿のウミウシさんも非常に良く似た個体(b)を見つけられております)
http://ww5.et.tiki.ne.jp/~umiusidenki/minamihyoumon.htm
からご指摘を受け、改めて特長を調べてみたら、このミナミヒョウモンウミウシ(b)の可能性が
高いとの結論に達しました。(骨片は各絨毛突起の先端から放散・・は定かではありませんが)

よって、国内で標準化されているミナミヒョウモンウミウシ(a)とは随分違う形態に思われますが、
私的には、今回観察された個体をミナミヒョウモンウミウシ?と分類しておきたいと思います。



(ミナミヒョウモンウミウシ? 10mm位 2009.9.19 神奈川県横須賀市長井)

e0041143_10404559.jpg


e0041143_10411058.jpg


e0041143_10413373.jpg


e0041143_10415497.jpg


e0041143_10421654.jpg


e0041143_10422761.jpg

[PR]

by sea-slug | 2009-10-24 10:35 | ウミウシいろいろ | Comments(0)
2009年 10月 19日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

2009.10.18 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

小和田湾 10:01 60cm。
09時ごろから2時間半近く探索しました。

朝から、気温も上がり、暖かかったので、pawはシュノーケリングで探索。
海の中は、たくさんのムカデミノウミウシであふれていました。
が、他のウミウシは、ほとんど見られず^^;
他には、コノハミドリガイが多かったですね。

またまたkさんご夫妻とお会いしました^^
すっかり、ウミウシくんにお熱のようですね^^
同じアイドルに夢中になるファンのようで?(笑)、なんか嬉しいです^^

ここでも、二週間前に荒崎で初めて出会ったシロミノウミウシと
出会えました。初めて出会った種と連続で出会うことは結構多いです。
不思議ですね^^

今回よりカメラは、OLYMPUS FE-360 + PT-044ハウジング + PCU-02 クローズアップレンズです。

防水カメラに比べると・・・

●液晶モニターがハウジングに入っているんで非常に見難い。
●潮溜まりでは、水中に入れたり出したりするので、クローズアップレンズの間の水が抜けて厄介。
 (ずっと潮溜まりの中に入れていれば問題ないが)
●やっぱり寄りすぎるとピントが合わない。
●浅場なのに水中ワイドモードで撮ったので暖色が強い。

などなど、次回撮影の時には、改善&注意しましょう^^

成果は、
クロシタナシウミウシX1(kさん)
アオウミウシX5
コノハミドリガイX多数
アメフラシX5
ムカデミノウミウシX超多数
ミドリアメフラシX1
クロヘリアメフラシX5
タツナミガイX5
ツヅレウミウシX3
クロスジアメフラシX2
アリモウミウシX1(kさん)
ミヤコウミウシX1
ジボガウミウシX1
アズキウミウシX1
シロミノウミウシX1

の15種でした。

e0041143_23205274.jpg

ムカデミノウミウシ 50mm位
写真を見て、あれ?
アズキウミウシ(10mm位)が乗っていました^^

e0041143_23283184.jpg

コノハミドリガイ 30mm位
大きな個体が目立ちました。

e0041143_23294273.jpg

ツヅレウミウシ 40mm位

e0041143_23313973.jpg

シロミノウミウシ 10mm位

e0041143_2332281.jpg

シロミノウミウシ 10mm位

e0041143_23325721.jpg

アオウミウシ 40mm位

e0041143_23333295.jpg

ジボガウミウシ 15mm位
[PR]

by sea-slug | 2009-10-19 22:44 | ウミウシ探索日記 | Comments(2)
2009年 10月 04日

++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井6丁目

2009.10.4 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井6丁目

新宿湾 11:01 58cm。
09時ごろから2時間半近く探索しました。

久しぶりに荒崎公園、長井6丁目でkouchaは磯から、pawは、シュノーケリングでウミウシ探索をしてきまし
た。
ネットサーフィンしていたら、荒崎で出会ったことの無いウミウシを幾つか見られている方がいたのと、ちょっと
二日酔い&寝不足でヨレヨレだったので、トイレが近くにある方がいいかと(笑)

考えてみたら、荒崎公園の磯では、あまり探索したことが無く、シュノーケリングも初めてだったのでした。
海の中の様子は、ちょっと他の磯と違っていて潮当りが良さそうに感じました。他の三浦の磯では見られない
ガンガゼがいてビックリ。
ちょっと面白いかもしれないなあと感じた次第です^^

しかし・・・・シロミノウミウシを発見場所で撮影しようと思ったら、optio wpがどうしてもカードが異常の表示
で撮影不可。陸に上がって、中を見ると、ギャ~水没してました・・・・・。帰ってからメモリーカードのデータは
救出できましたが、カメラはご臨終でした・・・。2005.10から4年間、ホントによく活躍してくれました。感謝感
謝。 


成果は、
クロシタナシウミウシX1
コノハミドリガイX2
アメフラシ
ムカデミノウミウシ多数
ミドリアメフラシ
クロヘリアメフラシ多数
タツナミガイX2
ムカデメリベX1
ヒメメリベX3
ハクセンミノウミウシX1
クロスジアメフラシ多数
リュウモンイロウミウシX1
ミヤコウミウシX1
シロミノウミウシ(初)X1

13種 でした。

e0041143_21512934.jpg

タツナミガイ
2個体仲良く?ポーズ♪


e0041143_21515735.jpg

ミヤコウミウシ 50mm位の大きな個体でした。
二次鰓が小さめ? でもいつ見てもミヤコウミウシは綺麗です♪

e0041143_2152268.jpg

クロシタナシウミウシ 10mm位の小さな幼体でした。
なんか、ういういしい感じです。お知りがとってもキュート♪

e0041143_21534410.jpg

クロヘリアメフラシとコノハミドリガイ
なんか、クロヘリが威張っていて、ミドリガイが謝っているみたいですねー。

e0041143_21542624.jpg

コノハミドリガイ 15mm位
ハハー・・と頭を下げるコノハミドリガイ

e0041143_21553552.jpg

クロヘリアメフラシ 20mm位
一体、何個体寄り添っているのでしょう?

e0041143_2156478.jpg

リュウモンイロウミウシ 25mm位
顔が半分ですいません。岩に張り付いているバージョンです^^

e0041143_2203122.jpg

ムカデメリベ 130mm位
いや~、でかかったです。もしかしてヤマトメリベかと思ったのですが、ムカデメリベでしょう。

e0041143_221335.jpg

シロミノウミウシ(初) 8mm位

e0041143_2211944.jpg

シロミノウミウシ(初) 8mm位
南方系のウミウシのようです。黒潮に乗って来たかな?とするとやはりこの辺りは
潮当たりがいいのかもしれませんねー。

バケツの中で写真を撮って、ちょっと観察しようと思ったら、一緒に入れていた石の何処か
の穴の中に入り込んでしまったようで、ついにその後姿を現してくれませんでした。
ああ・・・・・もっとちゃんと観察したかった・・・
写真も、optio wp水没の為、5cmまでしか寄れない水中カメラで撮影。今思えば、
虫眼鏡をカメラにくっ付けて撮る作戦もあったなあ。。。。
[PR]

by sea-slug | 2009-10-04 22:01 | ウミウシ探索日記 | Comments(4)