<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 26日

ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

2012.3.25 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

kouchaは、ただ今、研修中なのでpawとmamaとでウミウシ探索に出
かけてきました。

潮のボトムは、小和田湾 12:10 10cm。

数字上の潮の引き具合いは抜群!が、しかし・・・、かなり海が荒れています。
昨日、一昨日のダイビング情報を入手してましたので、かなりうねっているの
は知っていましたが、なかなか荒れてました。

芝崎では、きついだろうと思ってココへ来たのですが、これだけ荒れていると、
さすがにウミウシくんも奥深く隠れているようで、個体数、種ともに著しく少なかった
です。

こんな時は、もう転石裏しか探すしかなくて、しかも風も強くて磯面も揺らいで
なかなか見づらいですねー。それでもなかなか少なかったです^^;;

が、何度か探索時にお逢いしているKさんと、またお会いできました^^
その後、Kさんが見つけられた不明ドーリス種を写真に撮らせてもらったの
ですが、これがなかなか悩ましい子で・・・・^^;

イソウミウシの仲間のような感じで二次鰓は煙突状。しかし、触った感じでは、
イソウミウシほど硬くない。刺激した後の触角や二次鰓の復元時間もイソウミウシ
よりも、はるかに早い。
今日の探索で浮かんできた子が、ゴマフビロードウミウシで、この子に会いたい
なあと思っていた流れもあって、Jorunna(ヨルンナ)の仲間ではないかと推測。
ラドマン先生のサイトで、調べてみたら、よく似たヨルンナ・トメントサJorunna tomentosa
(Cuvier, 1804)が見つかりました。
その後、日本にサイトをググってみたら、同じような個体が続々ヒット。一部、
ミナミヒョウモンウミウシJorunna pantherinaとしている方もおられましたが、
私的には、ヨルンナ・トメントサ?としておきたいと思います。

というわけで、Kさん、お初の子だったのでカウントさせてください!
宜しくお願い致します。

ところで、このtomentosa(トメントーサ)という語句が、あちこちに出てくるので
(ウミウシに限らず)、調べてみたら、「密に細毛のある」という意味のようで花の
学名にも登場します。
(例)ユスラウメ=Prunus tomentosa

成果は、

アメフラシ
ミドリアメフラシ
クロヘリアメフラシ
ブドウガイ
タツナミガイ
ホウズキフシエラガイ
オカダウミウシ
キヌハダモドキ

の8種と

プラス、Kさんの

アオウミウシ
ムカデミノウミウシ
ネズミウミウシ
ヨルンナ・トメントサ?(初)

でした。

e0041143_904766.jpg

オカダウミウシと卵塊
いや~、赤い点が沢山あったので撮ってみたらこんな感じでした^^

e0041143_911669.jpg

キヌハダモドキ 10mm位

e0041143_91536.jpg

ブドウガイと卵塊

e0041143_923127.jpg

クロヘリアメフラシ 15mm位
外套膜を開くと飛行機みたいですねー。元気に開いたり閉じたりしてました^^

e0041143_942563.jpg

ホオズキフシエラガイ 15-20mm位 なんか久しぶりだったなあ^^

e0041143_93237.jpg

ヨルンナ・トメントサ?(初) 30mm位

e0041143_932815.jpg

ヨルンナ・トメントサ?(初) 30mm位
なかなか個性的で色白、可愛い子でした^^

e0041143_93541.jpg

ヨルンナ・トメントサ?(初) 30mm位
左右対称の三箇所の凹みの中は、密細毛の黒色です。
[PR]

by sea-slug | 2012-03-26 18:17 | ウミウシ探索日記 | Comments(2)