2012年 06月 27日

「ユウゼンウミウシ」現る!!in 沖縄

沖縄で磯観察を楽しまれている南風さんよりお便りが届きました。

e0041143_13563376.jpg


e0041143_13564564.jpg


ユウゼンウミウシ Platydoris cruenta (Quoy & Gaimard, 1832)
大きさは60~70mmくらい
二つ折りになったような格好で見つかったようです。
毛のようなものは、模様ではなく細い線状のものが生えているように見えました
そうです。
友禅模様を連想するから、この和名なんでしょうね。

近くの卵塊も撮られていましたが、クモガタウミウシの卵塊そっくりでした。

なんか動物みたいな印象を受けるウミウシですよね(笑)
[PR]

# by sea-slug | 2012-06-27 14:04 | 沖縄の磯のウミウシ by南風さん | Comments(0)
2012年 06月 14日

++ウミウシ探索隊++三浦市三崎町諸磯

20012.6.10++ウミウシ探索隊++三浦市三崎町諸磯

久しぶりに浜諸磯(きつね浜)へウミウシ探索に出かけました。

潮のボトムは、14:17 32cm。

11時過ぎから14時半ごろまで探索しました。
あまり、潮の引き具合はよくありませんでしたが、
天気も良くて気持ちよかったです^^

7mmウェットで、シュノーケリング。以前、ムツイバラを見つけた
辺りを探し回りましたが、ウミウシは少なかったですね~^^;;

しかし、今回は、ちょっと離れた小島で、面白い潮溜まりを多数
みつけました。以前は、上から覗く程度だったのですが、深さが
そこそこあるので、今回は、潮溜まりの中に、そっと入って、じっくり
探しました。

個体数は少ないものの、ポツポツと見つかって楽しかったです。

これは面白い場所を見つけたと、ホクホクです^^
ちょっと、定点観察してみたいですねー。

成果は、


アオウミウシX多数
クモガタウミウシX2
タツナミガイX多数
アカエラミノウミウシX1
オカダウミウシX多数
サラサウミウシX3
オトメウミウシX多数
ハクセンミノウミウシX1
キヌハダウミウシX1
シラユキウミウシX1
ヒメマダラウミウシX1
サガミミノウミウシX多数
サメジマオトメウミウシX1
ユビウミウシX1
サガミイロウミウシX2
クロイバラウミウシX1

の16種でした。

e0041143_22294395.jpg

クモガタウミウシ
いや~、大きかったです。卵塊も大きいこと!!!

e0041143_22294733.jpg

オトメウミウシ
ある壁には、4~5のペアがくっ付いていました。今年は、何となくオトメウミウシが
みんな大きい気がするのは気のせいかな?

e0041143_22302989.jpg

サメジマオトメウミウシ(Dermatobranchus striatellus Baba, 1949) 10mm位
オトメウミウシ同様、今年は、何となくみんな大きい気がします。
ウミウシ眼がよくなったのかな?(笑

e0041143_22431314.jpg

ヒメマダラウミウシ(Dendrodoris guttata (Odhner, 1917)) 30-35mm
久しぶりですねー。年に一度くらいかな? 大きくて立派な子でした。

e0041143_22303037.jpg

サガミミノウミウシ Phyllodesmium serratum (Baba, 1949) 20mm位
いつ見ても輪郭が光っているようで綺麗です。特に暗がりが好きなようで、そこで見つけるとハッとしますね^^

e0041143_2231954.jpg

アカエラミノウミウシ Sakuraeolis enosimensis (Baba, 1930) 10mm位
こちらも、身体の白点、触手の白いラインがフラッシュによく反応して光っているように見えます。

e0041143_2231341.jpg

ユビウミウシ Bornella stellifer (Adams & Reeve, 1848) 40mm位
いや~、大きな子でした。独特の形状です。小さな怪獣って感じかな。

e0041143_22314710.jpg

サラサウミウシ Chromodoris tinctoria (Ruppell & Leuckart, 1828) 30mm位
見つけると、おお!と自分の目が少し大きくなるのが分かります(笑) まあ、うれしいわけです^^

e0041143_22323087.jpg

サガミイロウミウシ Hypselodoris sagamiensis (Baba, 1949) 7mm位
幼体って感じですね。とても久しぶりに出逢いました。デザインがいいですねー^^

e0041143_22325074.jpg

シラユキウミウシ Noumea nivalis Baba, 1937
磯のいちば~ん先端の潮溜まりにいました。この子にしてはオレンジの点々が多いですね。
[PR]

# by sea-slug | 2012-06-14 22:32 | ウミウシ探索日記 | Comments(4)
2012年 05月 30日

「ミョウジンツバメガイ」現る!!in 沖縄

沖縄で磯観察を楽しまれている南風さんよりお便りが届きました。

e0041143_12355671.jpg

ミョウジンツバメガイ 10mm位

e0041143_12362362.jpg

ミョウジンツバメガイ 7mm位


「沖縄のウミウシ」によると、
体は黒色で、橙色の小斑紋を全体に散布している。
オハグロツバメガイに似るが、本種は頭楯前縁の1対の橙色斑紋を欠く。
ヒョウモンツバメガイに似るが、本種は頭楯前縁に白色帯を欠く。

ということで、ミョウジンツバメガイと思われます。

出会った場所は読谷村のホテル日航アリビラ付近の海辺。
潮の引き始めで、潮だまりとは言えないような波と砂浜の際で見つけたとの事です。

敦賀半島東側の明神崎から続く平坦な島で初めて観察されたので「ミョウジン」と
命名されたのでしょうね^^
[PR]

# by sea-slug | 2012-05-30 13:03 | 沖縄の磯のウミウシ by南風さん | Comments(0)
2012年 05月 06日

ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町芝崎

2012.5.5 神奈川県三浦郡葉山町芝崎

芝崎へウミウシ探索隊出動してきました。

潮のボトムは、小田和湾 10時09分 11cm 。

潮の引きが早い時間帯だったので6時半に出発。
順調よく、8時前に葉山に入りましたが、いつもの
駐車場はすでに満車。近くのコインパーキングも満車。
仕方なく、森戸神社の駐車場へ入れました。

森戸神社裏の磯には、すでにバーベキューの人で
かなり賑わっていました。

森戸~芝崎方面の海岸には数個体のパンパンに張った
タツナミガイの死骸が浜に打ち上げられていました。
なんでだろう・・・???

芝崎に着くと、「クロシタナシはいる~??」の声に
前方を見ると、なんと、磯観察仲間のイロメガネじゃない、
ムシメガネでもない、ニシメガネザルさんがいるでは
あ~りませんか(笑)

やはり、磯の匂い?に誘われて、こうして集まってきちゃう
んですねえ。。。という事で意見が一致しました(爆笑)

ウミウシは少なかったです。アオはよく見かけました。

磯の出入り口に「葉山しおさい博物館」の芝崎パトロール員
の方々がいました。

葉山町指定天然記念物
葉山芝崎海岸及び周辺水域  「葉山・芝崎ナチュラルリザーブ」 

成果は、

マダラウミウシ
クロシタナシウミウシ
アオウミウシX多数
アメフラシ
ムカデミノウミウシ
アマクサアメフラシ
ブドウガイ
ミスガイ
タツナミガイX多数
オカダウミウシX多数
ヤマトウミウシ
オトメウミウシ
キヌハダウミウシ
アカボシウミウシ
ムツイバラウミウシ

の15種でした。

e0041143_18435298.jpg

アカボシウミウシ 10mm位
片目の子です。なんか凄みがありますね。。。

e0041143_1844555.jpg

オトメウミウシ 20mm位
この種にしては、今まで見た中で一番大きかったかも。

e0041143_18423879.jpg

ムツイバラウミウシ 5mm
二度目です。しっかし、小さい^^;;; kouchaが発見!
[PR]

# by sea-slug | 2012-05-06 18:45 | ウミウシ探索日記 | Comments(2)
2012年 04月 30日

ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

2012.4.28 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

koucha&friendと三人で、ウミウシ探索に出かけてきました。

潮のボトムは、小和田湾 15:29 39cm。

12:30~15:30まで探索。潮は数字以上によく引いていました。
天気もよく気温も高く、pawは、7mmウェット、シュノーケリングで探索。
気持ちのいい一日でした^^

成果は、

アマクサアメフラシ
アオウミウシX多数
コノハミドリガイ
アメフラシX多数
ムカデミノウミウシX多数
ミドリアメフラシ
クロヘリアメフラシ
クモガタウミウシ
ネズミウミウシ
タツナミガイX多数
シロウミウシ
アカエラミノウミウシX4
ホウズキフシエラガイX2
オカダウミウシ
ダイダイウミウシ
サンシキウミウシ
セトミドリガイ
ヒラミルミドリガイ
ユビウミウシ
カメノコシエラガイ

の20種でした。


e0041143_1424266.jpg

ヒラミルミドリガイ 10mm位

e0041143_14251310.jpg

アメフラシ 300mm位
いや~でかかったです。巨大アメフラシ電車していました^^

e0041143_14263135.jpg

ダイダイウミウシ 20mm位

e0041143_142737.jpg

ムカデミノウミウシ 30mm位
この磯のムカデはホントに色合いが綺麗です。だいぶ増えてきていました。

e0041143_14281919.jpg

セトミドリガイ 5mm位
久しぶりだったので撮ってみました。

e0041143_14291164.jpg

サンシキウミウシ 30mm位
こちらもひさびさ^^

e0041143_14295369.jpg

ユビウミウシ 25mm位
元気にウネウネ動いていました。

e0041143_14304213.jpg

おお!新参種か!と思ったのですが、ナマコのようですねー。
二次鰓だと思ったのは、触手のようです。。。。20mm位
[PR]

# by sea-slug | 2012-04-30 14:48 | ウミウシ探索日記 | Comments(2)
2012年 04月 30日

静岡県沼津市大瀬崎ダイビング

20012.4.14++ウミウシ探索隊++静岡県沼津市大瀬崎ダイビング

ウミウシは、
サガミリュウグウウミウシ
サラサウミウシ
アオウミウシ
ニシキウミウシ
でした。

e0041143_14374874.jpg

ニシキウミウシ 70mm位

e0041143_14383073.jpg

サガミリュウグウウミウシ 70mm位
残念ながら何者かに食いちぎられていました・・・^^;;

e0041143_1439327.jpg

おまけ
アカホシカクレエビ 15mm位
いや~、これは美しいエビさまです。体が半透明なんですねー。
[PR]

# by sea-slug | 2012-04-30 14:47 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2012年 04月 30日

ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町芝崎

2012.4.8 神奈川県三浦郡葉山町芝崎

またまたウミウシ探索隊出動してきました。8日ぶりですねー。
この時期は、昼と夜、交互にそこそこ潮が引きますので、
その気になれば、毎週楽しめますね^^

潮のボトムは、小田和湾 11時36分 5cm 。

成果は、

クロシタナシウミウシ
マダラウミウシ
アオウミウシ
アメフラシ
クモガタウミウシ
ブドウガイ
タツナミガイ
シロウミウシ
アカエラミノウミウシ
オカダウミウシ
ヤマトウミウシ
オトメウミウシ
ダイダイウミウシ
ヒロウミムシ
キヌハダウミウシ
15種でした。

e0041143_14443182.jpg

シロウミウシ 25mm位

e0041143_144572.jpg

クロシタナシウミウシ 20mm位

e0041143_14494935.jpg

アカエラミノウミウシ 10mm位

e0041143_14461772.jpg

オトメウミウシ 10mm位
ウニの棘に乗っかって・・・ウンショ、ウンショ(笑)

e0041143_144759.jpg

アオウミウシ 25mm位
[PR]

# by sea-slug | 2012-04-30 14:47 | ウミウシ探索日記 | Comments(0)
2012年 04月 08日

インドネシアの浅場で会ってきたウミウシ2

■サンゴ礁(レンベ島)
比較的ウミウシが多いと噂のレンベ島です。ハッピーでした。
でもやはりサンゴ礁にはあまりおらず。

e0041143_1685498.jpg

センテンイロウミウシ(ブナケンではアンナでしたが、レンベではセンテンでした。サンゴ礁では
二匹確認しました。綺麗でした!)

e0041143_1694217.jpg

コナユキツバメガイ(友達が見つけてくれました。)
他、コイボ。

■レンベ島の壁
壁です。日当たりが悪く、サンゴが不在のため代わりに色々なカイメンがびっしりと生えてました。
ウミウシの格好の的です!実際、たくさんいました。

e0041143_16103125.jpg


e0041143_16104996.jpg

ヒブサミノウミウシ(美しいミノウミウシです。大きかったです。嬉しい!)

e0041143_16111716.jpg

ツノキイボウミウシ(ツノが黄色くて可愛かったです。)

e0041143_16172740.jpg

アミメイボウミウシ(だと思います。)

e0041143_16122495.jpg

セトイロウミウシ(小さいと思いましたがこういう種類でした。センテンに似てます。)

e0041143_1613520.jpg

シライトウミウシ(少し離れた砂地の上で鎮座してました。大きすぎます。)

e0041143_16145685.jpg

ヒュプセロドーリス・イアクラ
(現地の方が教えてくれました。砂地に上にいました。日本でも発見例があるそうですね。)

e0041143_16152625.jpg

クチナシイロウミウシ(現地の方が教えてくれました。何も無い石の上。)

e0041143_1616246.jpg

モンジャウミウシ(現地の方より。大きくってもちもちです。また会いたいです。)

e0041143_16163047.jpg

サラサウミウシ(友達より。いつもの面子ですがここで見ても可愛かったです。
色が微妙に違いますが南ではこういう色合いなのですね)

他、アンナ、サキシマ(多数)、タテヒダ、コイボ。
キイロイボやマダライロ(これは未確認)もいたそうです。

■バリ島の岩場
サンゴは比較的少なめで、岩が露出している場所です。藻とか付着系の動物がいたんじゃない
でしょうか?深かったし探す時間も短かったので、実際ほとんど見れてないです。が、いました。

e0041143_1618153.jpg

シラナミミドリガイ(水深3mほどです。深かったので一枚のみです。)

他はコイボ。
全体を通してツリディラ属がぽつぽつ見れていたので、探せばもっといたはずです。
[PR]

# by sea-slug | 2012-04-08 16:44 | インドネシアの浅場のウミウシ | Comments(0)
2012年 04月 08日

インドネシアの浅場で会ってきたウミウシ1

kouchaです。3/11から17日間、学校の実習で
インドネシアのブナケン島などに遠征させていただいてきました。
今回の記事のみ代わって僕が書くことになりました。
毎日海でシュノーケリングするばかりの実習だったので、ウミウシをじっくり探せました。

泳いだ場所はサンゴ礁がメインでしたが、他にも色んな環境の浅瀬があったので、
まずそれを書いていきます。

■磯
3時間くらいぶらぶらしました。イモガイとかシャコとかいました。

e0041143_16273745.jpg


e0041143_15465385.jpg

ジャノメアメフラシ(どなたかが見つけました。)

■サンゴ礁(ブナケン島)・・・
泳いでる時間の半分はブナケン島のサンゴ礁でした。
アンナウミウシ、ダイアナウミウシなど。サンゴがみっちり優占していて、
そして、どういうわけかサンゴにはカイメンなどの刺胞動物は付着しづらいようです。
見当たりませんでした。なので、ウミウシも少なかったのだと思います。

e0041143_1628510.jpg


e0041143_1547553.jpg

アンナウミウシ(30分に1匹くらいのペースでいました。何匹も見れました。)

e0041143_15493825.jpg

ケリドヌラ・ワリアンス(砂地に1匹。)

e0041143_15501226.jpg

ツリディラ・リネオラータ(ナイトスノーケリングで見つけました。岩の上。)
ナイトスノーケリングでは、大きなカメノコフシエラガイが見れることがあるそうです。
僕は見れませんでしたが、現地の人がそう教えてくれました。

e0041143_15513443.jpg

サキシマミノウミウシ(ここでは1匹だけ見れました。)

e0041143_16433695.jpg

ムカデミノウミウシ(いつもの面子です。これも1匹です)

e0041143_15532326.jpg

コイボウミウシ(南では普通の種類ですね。数匹見れました。アミメイボウミウシも混ざってたかも・・?)

e0041143_1554336.jpg

タテヒダイボウミウシ(同じく、数匹見れました。)

ダイアナウミウシもいましたが撮影できませんでした。
サンゴの上にウミウシがいたことは、ほとんどありませんでした。
だいたい、珊瑚の間の岩の上にいました。

■マングローブ林(剣山タイプ)・・・
呼吸根が辺りの地面から剣山のように出ているタイプのヒルギの林です。
ヒルギの間などを泳いで抜けることができました。面白い場所でした。
日本にこういう場所は無いのでしょうか?
ウミウシはいなさそう・・・と思いましたが、なぜかブチウミウシがたくさんいました。

e0041143_16291447.jpg

こんな場所でした。泳いだ時間は30分くらい。

e0041143_15562560.jpg


e0041143_15564369.jpg

ブチウミウシ(何を食べてるんでしょうか?根っこに多少はカイメンが付着していたけど・・・)

他にも、根っこの中からウツボが顔を出していたり、ゴンズイ玉があったり、
ハリセンボンが根の間を器用に泳いでいたり、意外と賑やかでした。

■マングローブ林(張り出しタイプ)・・・
根っこが張り出すタイプのヒルギ林です。そんなに生物はいませんでしたが、
根っこや砂地に藻や海藻が生えていたので、それを食べてるであろうウミウシが見れました。

e0041143_16293863.jpg

こんなところ。30分くらい泳ぎました。

e0041143_15573478.jpg

ムカデミノウミウシ(地味です。そして、でかい・・・4匹ほど)

e0041143_15582070.jpg


e0041143_15583878.jpg

ハナビモウミウシ(張り出した根っこに生えてた藻に埋もれてました。今回、一番嬉しかった種類
かもしれません。可愛いです。)

■マングローブ林(浅瀬)
先ほどのヒルギ林とは違い、すごく浅くて、
潮が引いてしまうと本当に砂地になってしまうようなところです。

e0041143_16283589.jpg


e0041143_1559501.jpg

チドリミドリガイ(友達が見つけてくれました。砂地の窪地の潮だまりに、数匹いました。)

■アマモ場
マングローブ林がある海は、砂浜ではなく泥っぽいため、アマモがびっしりと生えていました。
去年はここでアメフラシ類が確認されています。

e0041143_1614024.jpg

タスジミドリガイ(アマモだらけの中にぽつんと岩が埋まってて、その上に乗っていました。)

つづく~
[PR]

# by sea-slug | 2012-04-08 16:44 | インドネシアの浅場のウミウシ | Comments(4)
2012年 03月 26日

ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

2012.3.25 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

kouchaは、ただ今、研修中なのでpawとmamaとでウミウシ探索に出
かけてきました。

潮のボトムは、小和田湾 12:10 10cm。

数字上の潮の引き具合いは抜群!が、しかし・・・、かなり海が荒れています。
昨日、一昨日のダイビング情報を入手してましたので、かなりうねっているの
は知っていましたが、なかなか荒れてました。

芝崎では、きついだろうと思ってココへ来たのですが、これだけ荒れていると、
さすがにウミウシくんも奥深く隠れているようで、個体数、種ともに著しく少なかった
です。

こんな時は、もう転石裏しか探すしかなくて、しかも風も強くて磯面も揺らいで
なかなか見づらいですねー。それでもなかなか少なかったです^^;;

が、何度か探索時にお逢いしているKさんと、またお会いできました^^
その後、Kさんが見つけられた不明ドーリス種を写真に撮らせてもらったの
ですが、これがなかなか悩ましい子で・・・・^^;

イソウミウシの仲間のような感じで二次鰓は煙突状。しかし、触った感じでは、
イソウミウシほど硬くない。刺激した後の触角や二次鰓の復元時間もイソウミウシ
よりも、はるかに早い。
今日の探索で浮かんできた子が、ゴマフビロードウミウシで、この子に会いたい
なあと思っていた流れもあって、Jorunna(ヨルンナ)の仲間ではないかと推測。
ラドマン先生のサイトで、調べてみたら、よく似たヨルンナ・トメントサJorunna tomentosa
(Cuvier, 1804)が見つかりました。
その後、日本にサイトをググってみたら、同じような個体が続々ヒット。一部、
ミナミヒョウモンウミウシJorunna pantherinaとしている方もおられましたが、
私的には、ヨルンナ・トメントサ?としておきたいと思います。

というわけで、Kさん、お初の子だったのでカウントさせてください!
宜しくお願い致します。

ところで、このtomentosa(トメントーサ)という語句が、あちこちに出てくるので
(ウミウシに限らず)、調べてみたら、「密に細毛のある」という意味のようで花の
学名にも登場します。
(例)ユスラウメ=Prunus tomentosa

成果は、

アメフラシ
ミドリアメフラシ
クロヘリアメフラシ
ブドウガイ
タツナミガイ
ホウズキフシエラガイ
オカダウミウシ
キヌハダモドキ

の8種と

プラス、Kさんの

アオウミウシ
ムカデミノウミウシ
ネズミウミウシ
ヨルンナ・トメントサ?(初)

でした。

e0041143_904766.jpg

オカダウミウシと卵塊
いや~、赤い点が沢山あったので撮ってみたらこんな感じでした^^

e0041143_911669.jpg

キヌハダモドキ 10mm位

e0041143_91536.jpg

ブドウガイと卵塊

e0041143_923127.jpg

クロヘリアメフラシ 15mm位
外套膜を開くと飛行機みたいですねー。元気に開いたり閉じたりしてました^^

e0041143_942563.jpg

ホオズキフシエラガイ 15-20mm位 なんか久しぶりだったなあ^^

e0041143_93237.jpg

ヨルンナ・トメントサ?(初) 30mm位

e0041143_932815.jpg

ヨルンナ・トメントサ?(初) 30mm位
なかなか個性的で色白、可愛い子でした^^

e0041143_93541.jpg

ヨルンナ・トメントサ?(初) 30mm位
左右対称の三箇所の凹みの中は、密細毛の黒色です。
[PR]

# by sea-slug | 2012-03-26 18:17 | ウミウシ探索日記 | Comments(2)