+++kouchaとpawのウミウシ探索隊(主に三浦半島の海・磯観察日記)+++

umiusi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 20日

マダラウミウシとクロシタナシウミウシについて

●マダラウミウシ Dendrodoris rubra (Kelaart, 1858)
●クロシタナシウミウシ Dendrodoris fumata (Ruppell & Leuckart, 1831)

先日の観察会において、マダラウミウシとクロシタナシウミウシは、こんなに色合いが違うのに
同じ種なのですか?との質問を頂きました。

ウミウシは種類によってそれぞれ食べるものが決まっています。その食べ物を食すときに用いる
歯舌はウミウシの種類によって形が違うので、ウミウシの種類を調べるときの重要な手がかりと
なります。

よって、この二つのウミウシ、マダラウミウシとクロシタナシウミウシは、食べ物が同じで、同じ歯舌
だと確認されている・・・と思ったら、大間違い^^;;

クロシタナシウミウシは、漢字で書くと黒舌無海牛。文字通り舌が無いんです。彼らの属するデンドロ
ドーリス属は歯舌を持たないようで、種の特定が難しく、そのために学者によって種別混乱があるよう
なのです。


・マダラウミウシ Dendrodoris rubraはクロシタナシウミウシ Dendrodoris fumata」または
ホンクロシタナシウミウシ Dendrodoris nigraのカラーフォームである。

・上記の記載は、解剖学的な根拠に基づくものではなさそうなので、マダラウミウシ Dendrodoris
 rubraをクロシタナシウミウシ Dendrodoris fumataのシノニムと決め付けるのは問題がある。


’本州のウミウシ’を見ると、「マダラウミウシとされていた斑紋のある個体は数が少なく、洞窟の奥など
光の差し込まない場所にいることが多く、動きは活発ではない。対して黒色や赤褐色の個体は数が多
く、浅所、日光の差し込む平坦な場所や壁面など広範囲に見られ、活発に動く」と書かれています。

5年前にkouchaが初めてゲットしたウミウシがマダラウミウシでした。その後、沢山のマダラウミウシ、
クロシタナシウミウシを見てきましたが、上記の’本州のウミウシ’の記述と全く同じ感想です。マダラウミウシ
は大抵、石の裏側にくっ付いているし、クロシタナシウミウシは明るい磯を歩いています。(ただマダラウミウシ
は三浦では沢山見られます)

これだけ生態を見ても違いのある2種を同じ種とするのは、ちょっと無理があるような気もします。

e0041143_1851411.jpg

クロシタナシウミウシ(デンドロドーリス属 2007.2.10)
e0041143_185224.jpg

マダラウミウシ(デンドロドーリス属 2007.4.15)
e0041143_18523151.jpg

ホンクロシタナシウミウシ(デンドロドーリス属 2008.9.28)
ホンクロシタナシウミウシは、クロシタナシウミウシに似ているが、二次鰓が小さくカップ状である。
e0041143_18525349.jpg

ホンクロシタナシウミウシ(ゴールドバージョン)(デンドロドーリス属 2009.1.18)
[PR]

by sea-slug | 2009-09-20 09:23 | ウミウシいろいろ | Comments(9)
Commented by はやしば at 2009-09-20 20:46 x
種名の決定は形態第一なのですね。生息域による色彩型の違いは分離しないという主義で通せば、マダラはやはりクロシタナシですね。中間的な色彩もいますし。
ただ、生息域が違うということは食べ物も異なり、生態も異なってきますからね。それにより形態が変わった時点で、晴れて別種扱いになるということらしいです。いまのところ、明るいところを歩き回る黒色型と、石の陰に多いマダラ型は、生態と色彩は異なっても形態までは異ならない、という段階なのでは。
鳥で言えば三浦半島の名物・クロサギも、珊瑚礁域に棲むものは真っ白の白色型もいますが、シラサギでなくクロサギなんですね。色は正反対でも同じ形なんです。
ただ、野鳥や魚の場合は地域亜種が多くあります。同じ種のキツツキでも北海道と沖縄ではだいぶ色彩が違ったり、各地の水系でイワナの模様が異なったりしていて、それぞれに立派な亜種名があります。
ウミウシにも亜種という概念を用いれば、この問題もすっきりしそうに思えるのですけどね。ウミウシ図鑑には亜種という分類はないようですね。
Commented by ニシメガネザル at 2009-09-20 21:08 x
なんか今本さんのところのサイトで、結局、別種扱いになったようなコラムがあった、、、、気がしますが。ラドマン先生? ほのかな記憶ですが。
Commented by ニシメガネザル at 2009-09-20 21:34 x
自己レスですみませんが、どうも ↑ そういうことでもないようですね。今本さんも「?」と考えるという感じでした。
Commented by sea-slug at 2009-09-20 23:58
はやしばさんへ
う~む・・なるほど、種名の決定がどこにあるか・・ですね。種名決定の定
義か・・・。更に深みにはまると眠れなくなりそうなんで、この辺りで思考停
止にします(笑)
Commented by sea-slug at 2009-09-21 00:01
ニシメガネザルさんへ
そうですね、結局’?’という表記しかないような気がします。種名決定の
定義が明確であれば(あるのかな?)それに基づいた導き方になるとは
思うのですが・・・。堂々巡りの繰り返しになっちゃいそうです(笑)
Commented by GEN at 2009-09-22 09:08 x
皆さんの勉強熱心ぶりには頭が下がります。きれいだぁ~で終わって
しまう私は、まだまだマニアではないようです。ちょっと安心しました。(笑)

お話を聞いている限り、クロシタナシとマダラは分化の途中ということ
でしょうか。長い時間をかけて徐々に分化するので、現時点で分化が
完了しているのか、未完了なのかを断定するのは難しいのでしょうね。

クロシタナシとマダラは交接するのか?
そして、産まれる子供はちゃんと子孫を残せる体なのか?
気になってきました...
Commented by sea-slug at 2009-09-22 10:44
GENさんへ
これだけウミウシと関わってきたんだから、少しは知っておかなければな
あという50オヤジのあがきです(笑)

昨年、今年とお会いした男鹿のウミウシさんのHPに興味深い記述があり
ました。
ttp://www.geocities.jp/umiusidenki/day06b
11/22の日記のところです。
水槽飼育で、クロシタナシとマダラの卵塊の色が違うこと、両種は交接を
しなかったこと、食したカイメンの色など・・・。
この記述を読むと、分化完了なのかもしれませんね。
Commented by GEN at 2009-09-23 13:04 x
調べてくださったんですね。ありがとうございます。

飼育しているといろんなことが分かりますね。
大変そうですが...
(ずぼらな私には真似できません。)
Commented by sea-slug at 2009-09-24 07:05
GENさんへ
飼育は、ホントにジックリ観察することができます。素晴らしいですね。
餌の調達も含めて、海に近くないとやはり難しいですね。
私もズボラなので、とても真似できません^^;


<< ムカデミノウミウシについて      ++ウミウシ探索隊++神奈川県... >>