人気ブログランキング |

+++kouchaとpawのウミウシ探索隊(主に三浦半島の海・磯観察日記)+++

umiusi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 24日

++ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町堀内

2013.7.21 ++ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町堀内

潮のボトムは、小田和湾 09:48 19cm。

前回と同じような潮の引き具合、時間帯も同じでしたが、ほとんど波も
なく、風もなく、絶好の探索条件でした。

2010.7.25の23種を上回る26種を記録しました。初めてのイナバミノ
も記録。

フジエラミノは、大きめ3個体。コモン、サラサ、アオ、アカエラミノは
前回より減っていました。キャラメルはここでは初めてでした。
サキシマミノは大きな個体が多かったです。ムカデミノは全く見かけ
ませんでした。

やはりこの時期は面白いです。次回は、8月のお盆休みあたりまで
行けないのが残念ですが、次回は南方系狙いかな。


成果は、

マダラウミウシX3
アオウミウシ多数(前回よりは少なかったです)
コノハミドリガイX2
ヒメメリベ多数(相変わらず多かったです)
タツナミガイ多数
シロウミウシ多数
アカエラミノウミウシ多数(前回よりは少なかったです)
オカダウミウシ多数
サラサウミウシX2
クロコソデウミウシX1
オトメウミウシX多数
ハクセンミノウミウシX1
ホンクロシタナシウミウシX1
リュウモンイロウミウシX1
ウスイロウミウシX2
コモンウミウシX2
ミヤコウミウシX1
サメジマオトメウミウシX多数
アズキウミウシX3
キャラメルウミウシX1
サガミイロウミウシX1
セトミドリガイX3
フジエラミノウミウシX3
サキシマミノウミウシX4
フジタウミウシX1
イナバミノウミウシX1

の26種でした。

e0041143_1050795.jpg

コノハミドリガイ 15-20mm
妙に色が濃かったのでどうかなと思いましたがコノハですね。

e0041143_10313189.jpg

サキシマミノウミウシ 30mm位
大きい個体が4個体。パッと目に入るとホントに綺麗でおお!と目が開きます(笑

e0041143_10324025.jpg

キャラメルウミウシ 30-40mm
ここの磯では初めてでした。

e0041143_10331972.jpg

サガミイロウミウシ 20-25mm
この子は、この写真のように岩場にペタ~~~と平たく張り付いている事が多いですね。

e0041143_10345654.jpg

クロコソデウミウシ 6-7mm
いや~、小さな個体でした。kouchaあっぱれ^^

e0041143_10371621.jpg

フジエラミノウミウシ 10mm位
前回よりは大きな個体でしたね。

e0041143_1039592.jpg

シロウミウシ 30mm位

e0041143_10391126.jpg

ミヤコウミウシ 15-20mm位
この子にしては幼体ですね。幼体の色合いもとても綺麗です。だいたいお盆過ぎに
出てくるので、これからどんどん大きくなるのでしょう。

e0041143_10552197.jpg

イナバミノウミウシ 3-4mm位(初)

e0041143_10553669.jpg

イナバミノウミウシ 3-4mm位(初)
kouchaが一つのクレパス状の潮溜まりから、10種近いウミウシを見つけましたが、
その中のもっとも極小の子でした。

# by sea-slug | 2013-07-24 10:59 | ウミウシ探索日記
2013年 07月 10日

++ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町堀内

2013.7.7 ++ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町堀内

潮のボトムは、小田和湾 10:14 11cm。

梅雨明けして、カ~っと暑くなったので、磯観察よりもシュノーケリングで
ということで森戸神社へウミウシ探索に出掛けました。6日の予定でしたが、
kouchaの体調がイマイチで7日に延期。6日は物凄い風だったので延期
正解でしたが、まだ風が強かったです(5-8m)

森戸神社の駐車場に入れれば良かったのですが、近くの駐車場の方が
安かったと思い込んでいて・・・しかも以前来た時より値上げされてたようで
30分500円 4時間半近くいたので、4500円も取られちゃいました。
(森戸神社なら終日3000円、それでも高すぎる!)シーズンオフも利用
している(1/10位安い)ので、あまりの高さに、しばらくショック状態(笑

海の中は、けっこう澱んでいて透明度はありませんでした。でも、6日から
隣接海岸が海開きということもあって、けっこう賑わっていましたよ。

新参種は見つかりませんでしたが。二度目のフジエラミノウミウシが嬉しかった
ですねー。フジエラミノウミウシもこの磯でしか見ていません。次回、条件が
良ければ、またここで探索します^^

成果は、

アオウミウシ多数

ヒメメリベ超多数(小さな個体が多かったです。石裏からぞくぞく出てきました)

タツナミガイ多数

シロウミウシ多数(一つの壁に6個体付いてました。アオウミウシよりもまとまって
            見つかることが多いですね。

アカエラミノウミウシ多数(こちらも石裏からぞくぞくと出てきました)

サラサウミウシX3(小型個体でした)

キヌハダモドキX1(透けている中に、サラサウミウシ丸ごと・・・^^;)

クロコソデウミウシX2(写真無し。潮に流されました^^;)

オトメウミウシX1

ウミフクロウX2(久しぶりでした)

キヌハダウミウシX1

シラユキウミウシX2

コモンウミウシX1

サメジマオトメウミウシX1

カメノコフシエラガイX1(写真は撮りませんでしたが、超巨大でした。80mm位ありました。
               アメフラシかと思っちゃった・笑)

フジエラミノウミウシX1(kouchaが発見!美しかった!二度目です)
 
サキシマミノウミウシX1(極小個体。2-3mm)

オカダウミウシ多数

ミノウミウシの仲間2X4(かつて3-4回見ていますが、この磯でしか見ていません)

の19種でした。

e0041143_11322390.jpg

サラサウミウシ 20mm位
潜ってすぐに見つけました。

e0041143_11334480.jpg

アカエラミノウミウシ 15mm位
この写真のようにミノの色が濃い個体ばかりでした。

e0041143_11351082.jpg

サメジマオトメウミウシ 10mm位

e0041143_1135381.jpg

シロウミウシ 30-40mm位
一つの壁に5-6個体付いていました。

e0041143_11363344.jpg

シラユキウミウシ 10mm位

e0041143_11372367.jpg

コモンウミウシ 15mm位

e0041143_1138237.jpg
 
サキシマミノウミウシの仲間2 15-20mm位

e0041143_1138359.jpg

サキシマミノウミウシの仲間2 15-20mm位
かつて3-4回見ていますが、この磯でしか見ていません。以前、今本さんの掲示板
に投稿しましたが、高知、奄美でも確認されているようです。

e0041143_1139831.jpg

フジエラミノウミウシ 6-7mm

e0041143_11392862.jpg

フジエラミノウミウシ 6-7mm
二度目です。小さな個体ですが色合いがとても綺麗です。ミノが青色に輝いています。
先端は黄色ですね。細いのでなかなかうまく撮れませんでした^^;

# by sea-slug | 2013-07-10 11:57 | ウミウシ探索日記
2013年 06月 05日

児童向けウミウシ図鑑 「ウミウシ大研究」 写真提供^^

koucha(平成5年生まれ)がウミウシを知ったのは、2003.8発行の月刊’たくさんのふしぎ・ウミウシ’
(中野 理枝 さん・著) という児童書でした。毎日、本を広げては、「本物を見たい見たい」と言ってました。

2003.10に初めてウミウシを探しに行きましたが見つからず・・・翌年、2004年8月1日、神奈川県
横須賀市にある観音崎自然博物館主催の磯観察会に参加。自分たちでは見つけられませんでしたが、
ホンモノの「アオウミウシ」と初めて出逢います。

それから、ほぼ、毎月1~2回、三浦半島のあちこちの磯でウミウシを探し続けています。10年近く経って、
三浦半島の磯で見つけたウミウシは149種になりました。



「ウミウシ」は「ポケモン」に近い感じがして(笑)、ウミウシの写真を見る子供たちの目は、キラキラと輝き
ます。しかし、ウミウシの図鑑やf写真集は何冊も出ているのですが、kouchaが知ったような児童向けの
ウミウシ本はありませんでした。

今回、児童向けのウミウシ図鑑を作るという事で写真提供の打診があり、まさにまさに、このような児童
向けの本を作ってもらいたいなあと思っていたので、喜んで快諾しました。

ポケモンはゲームやテレビや本の中だけですが、ウミウシは実際に生きていている。磯に探しに行けば、
「生き物」である動くウミウシに出逢える。子どもたちが、「生命」を感じるきっかけにもなる事でしょう。
そして、どんな「命」も大切にする心が芽生えてくれたらいいなあと思います。

おそらく、この本は児童館や図書館にも置かれると思いますので、機会がありましたら、是非、広げて見て
下さいね^^

e0041143_8515624.jpg


「海の宝石」とよばれる生き物 ウミウシの大研究 [単行本]
濱谷 巖 (監修)

内容紹介

ウミウシは、海の中でくらす軟体動物で、進化していく過程で貝がらを脱ぎ捨てた巻貝のなかまです。
種によって体の色や形が異なりますが、きれいなものがたくさんいるので、「海の宝石」とたとえられる
ことがあります。本書は、ウミウシの美しさから生態のふしぎまで、ウミウシの魅力を、写真やイラスト
とともに紹介したものです。

全体の構成は次のとおり。ウミウシは海でくらす生き物、ウミウシは貝がらをなくした巻貝のなかま、
ウミウシとウミウシのなかまたち、ウミウシの体のつくり、ウミウシの生態はふしぎがいっぱい、ウミウシ
の出会いと交接、ウミウシの産卵と卵裸鰓目・ドーリスのなかま、裸鰓目・ミノウミウシのなかま、裸鰓目・
スギノハウミウシ、裸鰓目・タテジマウミウシのなかま、頭楯目のなかま、嚢舌目のなかま、無楯目の
なかま、背楯目のなかま ほか

単行本: 63ページ
出版社: PHP研究所 (2013/5/15)
言語 日本語
ISBN-10: 456978321X
ISBN-13: 978-4569783215
発売日: 2013/5/15
商品パッケージの寸法: 28 x 21.4 x 1.8 cm


e0041143_992890.jpg

写真を9点(たぶん・笑)提供させて頂きました^^

e0041143_96386.jpg

監修の濱谷先生のお名前が付けられた「ハマタニミドリガイ」。
かつて一度だけ高潮帯の潮溜まりで出逢ったことがあります。こんな風にご縁ができるとは当時思いも
よりませんでした^^

# by sea-slug | 2013-06-05 09:10 | プロフィール&ご挨拶
2013年 05月 26日

ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町芝崎

2013.5.25 神奈川県三浦郡葉山町芝崎

潮のボトムは、小田和湾 10時50分 0cm 。

1月以来、芝崎に繰り出しました。8時ごろ到着。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【葉山町】美しいなぎさを守ろうと、町が「クリーン葉山2013」と銘打ち、
森戸、真名瀬、一色、大浜、長者ケ崎の5海岸で一斉に実施する。
時間は午前8時半~10時。各海岸の「クリーン運動実施中」と書かれた
のぼりを目印に集合する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行って分かったのですが、ちょうど海岸清掃が始まったところでした。
何年も芝崎の磯にはお世話になっているので、いつか参加しないと
いけんなあと思ったのでした。

何年か前の台風で地形がだいぶ変わってしまいましたが、芝崎の磯には満潮
でも沈まない、ちょっとした小山があります。どんどん削られているようですが・・・。

その小山では「テリハノイバラ」「ハマボッス」「ハマヒルガオ」の花が沢山咲いていました。
ロープなどを張って、保護するのもいいのではないかと思いましたね。

磯観察、シュノーケリング、ダイビング、釣りなどいろんな方が楽しまれて
いました。小さな子の、「アオウミウシ見つけた~」。ウミウシくんもかなり、
市民権を得てきましたねー^^

潮が引きすぎていたので、pawは、一番奥でシュノーケリング、kouchaもその辺り
で、磯観察。

アオウミウシ、オトメウミウシ、石裏からはアカエラミノウミウシがたくさん
見られました。アメフラシは終わり。大きなタツナミガイは元気でしたね。

成果は、

クロシタナシウミウシ
アオウミウシ多数
アメフラシ
アマクサアメフラシ
タツナミガイ多数
アカエラミノウミウシ多数
キヌハダモドキ
オトメウミウシ多数
ムカデメリベ
キヌハダウミウシ
ヒメマダラウミウシ
コモンウミウシ
セトミドリガイ
セトミノウミウシ
オブラートウミウシ(初)

の15種でした。

e0041143_1011752.jpg

コモンウミウシ 15mm位
やっぱり可愛いですねー^^

e0041143_1015744.jpg

ヒメマダラウミウシ  15mm位
色合いが綺麗な個体でした。

e0041143_9585156.jpg

セトミノウミウシ 20-25mm位

e0041143_9591632.jpg

セトミノウミウシ  20-25mm位
むむ・・・お初のミノか??と期待が高まりましたがセノミノくんでした。
この子もミノの色合いが綺麗でしたねー。

e0041143_9595597.jpg

オブラートウミウシ 10-15mm位

e0041143_1004297.jpg

オブラートウミウシ 10-15mm位
石浦にくっ付いていました。ウミウシじゃないかなあと思いましたが、とりあえず
動かして観察。腹側も小さく、う~ん・・・・でも、触角があってウミウシだと確認。
しばらくすると二次鰓も確認。スクレロドーリス属なのですね。確かに固かったです。

# by sea-slug | 2013-05-26 10:19 | ウミウシ探索日記
2013年 05月 01日

ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

2013.4.28 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

潮のボトムは、小和田湾 12時15分 1cm。

GW前半三連休の中日だけあって、道路が結構混んでいました。10時
半ごろ到着。

ヒジキ漁が活発に行われていました。

前回に比べ、アオウミウシ、ムカデミノウミウシは多かったですね。
海の中は、海藻畑でした。


成果は、

アオウミウシX多数
コノハミドリガイX3
アメフラシX多数
ムカデミノウミウシX多数
クモガタウミウシX1
アマクサアメフラシX3
ヒメメリベX1
タツナミガイX多数
シロウミウシX1
ホウズキフシエラガイX1
オカダウミウシX多数
ダイダイウミウシX1
サンシキウミウシX2
ジボガウミウシX1
セトミドリガイX1

の15種でした。

e0041143_2214076.jpg

アオウミウシ 25-30mm

e0041143_2215079.jpg

アオウミウシ 25-30mm

e0041143_2211435.jpg

シロウミウシ 40mm位

e0041143_2212783.jpg

シロウミウシ 40mm位

e0041143_2159438.jpg

セトミドリガイ 15mm位

e0041143_2205257.jpg

サンシキウミウシ 30mm位
卵塊が見えています。サンシキウミウシの卵塊を見るのは初めてかも。

e0041143_221279.jpg

ダイダイウミウシ 15mm位

e0041143_21595724.jpg

綺麗な海でした^^

# by sea-slug | 2013-05-01 22:52 | ウミウシ探索日記
2013年 04月 16日

ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

2013.4.14 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

潮のボトムは、小和田湾 12時42分 6cm。

7時過ぎに出発。8時過ぎに森戸川源流方面に着きました。しばらく
森戸川に沿って、植物、鳥の観察。2時間ほど散策して、10時半ごろ
長井5丁目着。

いや~、ものすごい風でした。kouchaは、薄っぺらいので胴付長靴
を履いているとき、飛ばされそうになっていました(笑

磯では、以前アオミノウミウシ情報を頂いた方々が観察していました。
おひさしぶりでございました^^(以下アオミノさん)

しばらくpawも胴付長靴で探しましたが、潮溜まりが風で波打って
見にくい(箱メガネは持ってこなかった^^;)し、中腰で腰が痛くなるしで、
結局、この荒れた海では何も見れないだろうと思いつつも7mmウェット
でシュノーケリング探索に切り替えました。

アメフラシ、クロヘリアメフラシは、ごっちゃりいましたね。この時期の
風物詩ですねー。

ムカデミノウミウシは1個体、アオウミウシは2個体と少なかったですね。


成果は、

アオウミウシX2
アメフラシX超多数
ムカデミノウミウシX1
クロヘリアメフラシX超多数
クモガタウミウシX1
アマクサアメフラシX3
ブドウガイX多数
タツナミガイX多数
アカエラミノウミウシX1
オカダウミウシX多数
オトメウミウシX1
セトミドリガイX1
ヒラミルミドリガイX2
ヒロウミムシX1

以上 14種類でした。


他にアオミノさんたちが、

キイロクシエラウミウシ
(小さくて解らなかったけど、もしかしたらイソウミウシかもしれませんね。)

ヒメキヌハダウミウシ
(オカダにしては大きかったですよね。なんとなく触角の形がキヌハダ系形状のように見えましたが
どうでしょう?)

サンシキウミウシ

ジボガウミウシ

を見られていました。


かなり探索条件が悪かったですが、そこそこ見れてよかったです。
アオミノさん、また情報お寄せ下さいね~^^

e0041143_0363331.jpg

クロヘリアメフラシ 30-40mm
たくさんいました。5個体繋がった電車状態の子たちも^^

e0041143_0365512.jpg

ヒラミルミドリガイ 15mm位
なんか、ここ数年で、ミルがどんどん増えている気がするなあ。
この子も増えてくるかな。

e0041143_0372968.jpg

アオウミウシ 25mm位
いや~、岩場に張り付いてペッタンコでした(笑) なんだか寒そうですよねー。
 

e0041143_0374417.jpg

アカエラミノウミウシ 15mm位
久しぶりに横から見ました^^  やっぱりキレイですねー。

e0041143_038227.jpg

アメフラシの卵
そこらじゅうにアメフラシ&卵。かなり白い色素抜けした巨大アメフラシもいました。

e0041143_0384188.jpg

セトミドリガイ 8mm位
ミルに付いていました。

e0041143_0382386.jpg

ヒロウミウシ 10mm位
いや~キレイな色合いでしたよ。ふにゃっとした透明な丸い膜に覆われた赤いひも状
の卵(たくさんありました。何の卵なんだろう?)の上に、ちょこんと乗っていました^^

# by sea-slug | 2013-04-16 09:07 | ウミウシ探索日記
2013年 01月 14日

ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町芝崎

2013.1.12 神奈川県三浦郡葉山町芝崎

潮のボトムは、小田和湾 23時17分 -3cm 。

ひさ~しぶりにウミウシ探索に出かけました。今年最初の探索は
ナイト磯探索。21時ごろから23時半ごろまで行いました。

駐車場でニシメガネザルさんご夫妻と合流♪予想以上に暖かく、
風も無くよかったです。

ダンゴウオも数匹見れたようですね。私は、ウミウシはほとんど
見つからず・・・^^; どうもライトの明かりが暗かったのと更に
老眼が進んでいるような・・・(泣)
kouchaは、精力的に独りで15種見つけたのでした^^

サキシマミノウミウシは、この時期でも見れるんですね。

ウミユスリカが、大量にライトに寄ってきて、もうウザイのなんの^^;

成果は、

クロシタナシウミウシX1
アオウミウシX1
アメフラシX2
ミドリアメフラシX2
クロヘリアメフラシX2
クモガタウミウシX1
アマクサアメフラシX1
ブドウガイX多数
ヒメメリベX1
タツナミガイX多数
アカエラミノウミウシX2
オカダウミウシX多数
ヤマトウミウシX1
ネコジタウミウシX1
サキシマミノウミウシX4

の15種でした。

e0041143_1281110.jpg

ネコジタウミウシ 15mm位

e0041143_1010228.jpg

サキシマミノウミウシ 10mm位

e0041143_10105618.jpg

アオウミウシ 20mm位

e0041143_1011675.jpg

クロシタナシウミウシ 15mm位

e0041143_10103321.jpg

おまけ・・・ウミユスリカ

ウミユスリカについて、ちょっと調べてみました。

・オスとメスは形が全然違う。
・オスは写真の「蚊」のような羽を持つ形状、メスは羽はなく芋虫状。
・オスは羽はあるのに空中飛行できず、水面または岩盤上を滑走しながら、
 メスを探す。
・メスの蛹は自力で羽化することができず、海面に浮上してきた蛹をオス成虫
 が脱皮させることで交尾が成立。
・羽化は潮汐周期と同調。太平洋側は新月と満月の頃に羽化。大潮の干潮時
 に合わせて一斉に羽化・交尾し、干出した潮間帯に産卵を行う。
・成虫の活動時間は3時間足らず。

参考
http://riishiri.sakura.ne.jp/Sites/RS/archive/262007/2616.pdf
「道北地方で採集されたウミユスリカ」

う~む・・・凄い・・・・場所に寄ってはライトに手袋が見えなくなる程、大量に
寄ってきてました。たった3時間の活動時間を邪魔してしまったなあ。。。^^;

# by sea-slug | 2013-01-14 11:54 | ウミウシ探索日記
2012年 10月 03日

ウミウシ探索隊++神奈川県鎌倉市稲村ガ崎~由比ガ浜~逗子海岸

2012.10.1 ++ウミウシ探索隊++神奈川県鎌倉市稲村ガ崎~由比ガ浜~逗子海岸


潮のボトムは、小和田湾 23時15分28cm。

台風通過後、月曜日の日中、仕事しながらふと思いついて、
そういえば、夜も潮が引くなあ・・・・ニヤリ(笑)

月曜日だし、仕事後じゃキツイなあと思いながらも、こんな
タイミングとチャンスは、滅多にないだろうという事で、

ピンポイント「アオミノウミウシ」狙いでkouchaと、ビーチコーミング
に出かけました。21~23時半ごろまで3つの砂浜めぐり^^

この日の午前中、神奈川某所でアオミノウミウシ発見の
ツイッター情報も知り、期待して繰り出しましたよ(笑

稲村ガ崎では、彼らの餌になる「カツオノエボシ」を発見♪
逗子海岸では、小さなカツオノエボシやギンカクラゲも見つかり
大いに盛り上がったのですが・・・・

残念ながらアオミノとは出逢えませんでした。
狙いは正しかったと思うし、いい感じだったんだけどなー・・・残念。

季節的に遅いのかな?
もっと荒れている海の方がいいのかな?
潮の流れや台風の風向きの問題なのかな?
場所なのかな?


もっと荒れてて遠浅の浜がいいのかな?

さらにいろいろと情報を集めていこうかと・・・

まあ・・・楽しみはとっておきましょう←負け惜しみ(笑

どなた様か、アオミノウミウシ情報がありましたら随時お教えください~~~!!!^^

e0041143_1642344.jpg

ギンカクラゲ 丸皿部10mm位
このくらいの小さい個体がたくさん見られました。極小のカツオノエボシも。

e0041143_16421224.jpg

ギンカクラゲ 丸皿部25-30mm位
このくらいの個体もちらほら見られました。

e0041143_16422183.jpg

流れ着いた柔らかいビニールのような板には沢山の鷹の爪のような貝が
くっ付いていて、ウヨウヨ動いていました。このカニは???
オキナガレガニかなあ??? 人面のような模様です(笑

e0041143_16423027.jpg

カツオノエボシ 浮き輪部40-50mm位
初めて見ることができました。砂浜では青っぽいビニールの塊のようでしたが、
バケツに入れると、こんなになりましたよ。

e0041143_16423912.jpg

ちょっとアップで。

e0041143_16424965.jpg

小さい方のカツオノエボシの浮き輪部は30mm位
こうなるとエイリアンとUFOのようですねー(笑)

e0041143_16433097.jpg

そこへ正義の味方が現われて・・・・(こやつも流れ着いていたのでした・笑)
ホントはここにアオミノウミウシが居るはずだったんだけどなー。
代わりに正義の味方が登場!の図になってしまいました^^;;

# by sea-slug | 2012-10-03 16:56 | ウミウシ探索日記
2012年 09月 30日

ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

2012.9.29 ++ウミウシ探索隊++神奈川県横須賀市長井5丁目

潮のボトムは、小和田湾 9:56 45cm。

台風の影響で・・・あまり状態はよくないだろうなあと思い、あんまり
荒れてたらビーチコーミングでもしようかと思ったら、意外と海は静か。

和田長浜ビーチへも寄ってみましたが、砂浜は綺麗で、特に打ちあがっ
ているものは無し(笑)

というわけで、あんまり潮の引きの良くない新宿の磯で、kouchaは、
上から、pawはシュノーケリングで探索しました。

しかし、うねりが入っていて、浅場の海域は生物たちも隠れてしまって
いるようで・・・。

離れたイケスの辺りでは、季節来遊魚がそこそこ見られました。ここでは、
ムカデミノウミウシも数え切れないほど居ましたね。

アオウミウシはゼロ。隠れちゃってるのかなあ。まっ、この条件なら仕方な
いですね。

がしかし、なんとこの磯で前回初めて見つけたチゴミノウミウシに出逢え
ましたよ。ウミウシの神さま見参!!ですね(笑


成果は、

コノハミドリガイ
ムカデミノウミウシ
タツナミガイ
オカダウミウシ
ヤマトウミウシ
ツヅレウミウシ
チゴミドリガイ

の7種でした。

e0041143_1835570.jpg

チゴミノウミウシ 10mm位

e0041143_18351626.jpg

チゴミノウミウシ 10mm位
前回見つけたチゴと違って、ミノの先端がほんのり赤くて綺麗でした^^

e0041143_1852052.jpg

中央よりわずかに左下に黒い部分をバックにキラキラしているところが
ありますよね。
どうやら、ここに無数の小さな何かが居て、太陽光に当たってとても綺麗だった
のです。カニの卵とかなのかなあ???
撮影場所は、荒崎の高潮帯の潮溜まりです。

# by sea-slug | 2012-09-30 18:57 | ウミウシ探索日記
2012年 09月 04日

ウミウシ探索隊++神奈川県三浦郡葉山町芝崎

2012.9.2 神奈川県三浦郡葉山町芝崎

潮のボトムは、小田和湾 11時26分 36cm 。

三ヶ月ぶりに芝崎へ探索に出かけました。狙っている
ウミウシがこの時期なのと、ハナデンシャが見れたの
もこの時期だったので^^

細切れの雨雲が発生していて、降ったり止んだり晴れたり
という天気でしたが、海は穏やかでした。kouchaと二人で
シュノーケリングで探索^^

階段下の辺りで、シラユキウミウシ、サキシマミノウミウシ
を発見。季節来遊魚も賑やかで、透明度もそこそこ良かった
です。

しかし、物凄い量のアンドンクラゲが水路に・・・^^;;;

その後、小山の奥の水路へ。この辺りは、あまり探した事
がなかったのですが、sayuriさん情報で、ちょっと探して
みました。的中!!!まだ見ていなかったチゴミノウミウシ
と出逢えました。

更に、水路の奥、ダイビングエントリー口辺りをシュノーケ
リング。季節来遊魚やオレンジがかった茶色の魚の群れ
・・・・なかなか楽しめましたよ。(このあたりで以前に、
ツノバネミノウミウシは見ていました>sayuriさん^^)

初秋に現れる、クロスジアメフラシ、ミヤコウミウシ他18種
のウミウシと出逢えました。芝崎にしては多かったですね。
が、やっぱりムカデミノウミウシは消えちゃっています・・・


成果は、

クロシタナシウミウシX1
アオウミウシX多数
コノハミドリガイX2
クロヘリアメフラシX1
ヒメメリベX4
タツナミガイX多数
シロウミウシX1
オカダウミウシX多数
サラサウミウシX1
キヌハダモドキX1
クロスジアメフラシX4
シラユキウミウシX1
ミヤコウミウシX2
ミノウミウシX1
サメジマオトメウミウシX4
ゼニガタフシエラガイX1
サキシマミノウミウシX4
チゴミノウミウシ(初)X5

の18種でした。

e0041143_6463173.jpg

ゼニガタフシエラガイ 40-50mm
久々、二度目です。前回も芝崎でしたね。

e0041143_6474056.jpg

ミノウミウシ 7mm位
だんだん大きくなって増えてくることでしょう。

e0041143_6552987.jpg

キヌハダモドキ 5mm位

e0041143_6492044.jpg

サキシマミノウミウシ 10-15mm位

e0041143_6515411.jpg

サキシマミノウミウシ 10-15mm位
こちらも久々、二度目かな?やっと自力で見れました。白い体部分が、ほんのり
青白くって、とてもキレイです。 この日はkouchaとpawと二個体ずつ。

e0041143_6523144.jpg

シラユキウミウシ 10mm位

e0041143_6531118.jpg

ミヤコウミウシ 40-50mm
やっぱりキレイですね~

e0041143_6535235.jpg

サラサウミウシ 15-20mm位
いや~色合いが濃くてキレイな子でしたよ~

e0041143_657240.jpg

チゴミノウミウシ(初) 15-25mm

e0041143_6573969.jpg

チゴミノウミウシの卵塊

e0041143_658267.jpg

チゴミノウミウシ 15-25mm

e0041143_6585267.jpg

チゴミノウミウシ 15-25mm

e0041143_6592527.jpg

チゴミノウミウシ 15-25mm
拡大してみました。いや~活発に動くミノウミウシですねー。この日、石裏から、
5個体も見つかりました。触角が独特の形ですね^^


チゴミノウミウシの動画です。

おまけ~^^
e0041143_772336.jpg

水路に集まっていたアンドンクラゲ。数え切れない量です。映画バイオハザードの
オレンジ色の殺人光線を想像してしまいました。。。結構な速さで泳ぎますね。
触手に小魚を付けて泳いでいる輩もいました^^;;; こわ~~~~

e0041143_765425.jpg


e0041143_7102076.jpg

でも、こんなシーズンだからシュノーケリングは楽しいです^^

e0041143_711194.jpg

マダイかな?40-50cmあったかな。
50cm位の深さの水路を探索していたら、私の周りをぐるぐる回っていました^^

e0041143_7125083.jpg

アンコウウバウオ 15mm位
なんだあ?この魚は? で、やっと名前が判明しました。いや~不思議魚ですねー^^

# by sea-slug | 2012-09-04 20:21 | ウミウシ探索日記